ニュース

100周年迎えるタイガー、土鍋&高火力にこだわる炊飯器の最上位機

土鍋圧力IHジャー炊飯器 炊きたて 土鍋ご泡火(ほうび)炊き JPL-S100

タイガー魔法瓶は、炊飯器の最上位モデル「土鍋圧力IHジャー炊飯器 炊きたて 土鍋ご泡火(ほうび)炊き JPL-S100」を7月21日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は140,800円。

かまどで炊いたようなご飯を再現した、5.5合炊きの圧力IH炊飯器。蓄熱性の高い内鍋「本土鍋」に、本体底の「遠赤土かまど」で熱を伝え、最高温度約280℃の高火力で炊き上げる。新たに「連続ノンストップ加熱」機能を採用し、高い温度をより長く維持できるようにした。2023年に創業100周年を迎える同社が「熱制御テクノロジーと100年向き合ったタイガー魔法瓶の集大成」と位置付けている。

従来、大火力で炊き上げる炊飯器を作る際、吹きこぼれてしまうのが課題だった。「連続ノンストップ加熱」は、独自開発の「ハリつやポンプ」からフタ内部に風を送り、吹きこぼれを抑えるもの。従来品に比べ、釜内温度約106℃(約1.25気圧)の状態を約1.5倍長く維持できるようになった。ごはんの甘みや粘りも向上したという。

ハリつやポンプからフタ内部に風を送る「連続ノンストップ加熱」

圧力は段階的にコントロールすることで、やさしく温度変化させ、甘みを引き出す。

「ハリつやポンプ」は、仕上げ時に外気を取り込み、過剰な熱と蒸気を取り除く。水分をコントロールすることで、ごはんのハリと弾力を保ちながら甘みを引き出す。また、炊きあがった後にもハリつやポンプが稼働し、空気と水分をコントロールしながら保温する「おひつ保温」を行なう。本体底の温度センサーで稼働が必要かどうか判断し、細かく制御する。

多段階で圧力を制御
ハリつやポンプで外気を取り込み、過剰な熱や蒸気を取り除く
おひつ保温

銘柄別炊きわけや一合炊きなど従来モデルからの機能も

全70銘柄の米に対応した「銘柄巧み炊きわけ」を搭載。水分率や、タンパク質やアミロースの量など、各銘柄の持つ特徴をもとに炊く。

銘柄巧み炊きわけ

土鍋は、三重県四日市市の伝統工芸品「四日市萬古焼」を使用。市販されているガス火対応の土鍋に比べて約2倍の強度があるという。5年間の保証つきで、内なべ割れとフッ素コーティングのはがれに対応。

5.5合炊きの場合、1合だけ炊飯しようとすると均等に熱が伝わりにくいが、専用の土鍋中ぶたを用いた「一合料亭炊き」で、少量のごはんも甘みを引き出して炊き上げる。中ぶたにより炊飯空間が小さくなるため、0.5合のご飯でも米に均等に熱を伝える。

一合料亭炊き

メニューは「エコ炊き」「白米(銘柄炊き分け対応)」「一合炊き」「早炊き」「炊き込み(白米・一合・麦・雑穀・玄米)」「おかゆ」「玄米」「麦めし押麦」「麦めしもち麦」「雑穀」「おこわ」。

本体サイズは約290×351×220mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約7.4kg。最大消費電力は1,080W。カラーはストレートブラックとミストホワイトの2色。抗菌加工を施したしゃもじが付属する。