ニュース

シャープ、ドラム式で初めて超音波ウォッシャーを標準装備した洗濯乾燥機

 シャープは、予洗いに適した超音波ウォッシャーを搭載したドラム式洗濯乾燥機のプレミアムモデル「プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-U111」を、9月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は33万円前後(税抜)。

プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-U111

 洗濯/乾燥容量11kg/6kgのドラム式洗濯乾燥機。スタイリッシュな「ハーフミラーガラス」をドアに採用したプレミアムモデルと位置づけられており、サニタリー空間を美しく引き立てるほか、手入れもしやすいという。足元に向かって明るいトーンへ変わる美しいグラデーション印刷を施しており、高いデザイン性を保ちながら圧迫感のないカラーリングとしている。電源を入れると操作に必要なキーだけが浮かび上がる「光るタッチナビ」も採用。

 新モデルでは、同社ドラム式に初めて「超音波ウォッシャー」を搭載。毎秒約38,000回の超音波振動で汚れを弾き出してキレイに落とす超音波洗浄機で、手洗いでは落ちにくいワイシャツの皮脂汚れや食べこぼしなどの部分汚れを、洗濯前に予洗いすることができる。非接触充電方式を採用しており、洗濯機の収納部に置くだけで充電可能。

予洗いに適した超音波ウォッシャーを搭載

 洗浄機能では、高圧シャワーノズルから、水道水を100~500μmの微細な水滴にして衣類に高圧噴射。繊維の奥まで入り込み、しつこい汚れをはじき飛ばす。ドアの裏にはひまわりの花の種の配列を応用した凹凸で、衣類がどの角度からあたってもくまなくこすり洗いができ、高い洗浄効果が得られるという。

 このほか、衣類を35℃に温めて洗う「温水極め洗いコース」を搭載。洗剤液の酵素が活性化する35℃前後に衣類を温めて汚れを浮かしたところに、独自のマイクロ高圧洗浄で泥汚れなどの頑固な汚れを効果的に洗えるという。標準コースに比べて最大約4倍の水量で、しつこい汚れを繊維の奥からはじきき出すとしている。

ドアの裏にはひまわりの種の配列を応用した凹凸を採用、衣類がどの角度から当たってもくまなくこすり洗いができるという

 乾燥機能では、熱エネルギーをドラム内にロスなく送風する独自のヒートポンプシステムに、乾燥のスタート/終了時のみに熱源を利用するサポートヒーターによる「ハイブリッド乾燥」を採用。あたたかくふんわりした心地よい仕上がりながら、業界No.1の省エネ性能(洗濯~乾燥6kgで消費電力量590Wh)を実現している。

 洗濯~乾燥のために備えられたセンサーは、「温度/湿度/水位/重量/泡/光/振動」の7種類で、洗剤の種類や衣類の布質や汚れ具合、乾き具合などを検知する。乾燥効率の低下を抑える「乾燥ダクト自動お掃除」機能も搭載しており、洗濯時の給水を利用して乾燥ダクトや排気口に残る糸くずや洗剤カスを毎回自動で洗い流す。乾燥時の風通しが良くなり、乾燥時間が伸びて電気代が余分に掛かるといった乾燥効率低下を防ぐという。

 本体サイズは、640×728×1,104mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約82kg。運転時間は、洗濯時約35分、洗濯~乾燥約150分。消費電力量は、洗濯時65Wh、洗濯~乾燥時590Wh。カラーはブラウン系。

ハイブリッド乾燥を採用
乾燥効率の低下を抑える「乾燥ダクト自動お掃除」機能も搭載

 下位機種として、超音波ウォッシャーが付属しない「ES-G111」も同時に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は28万円前後(税抜)。

 洗濯/乾燥容量は11kg/8kg。本体サイズは、ES-U111と共通。本体カラーはゴールド系。

プラズマクラスター洗濯乾燥機「ES-G111」ゴールド系