e-bike試乗レビュー

e-bikeのEcoモードで300km超え!? 自転車通勤で大容量バッテリーが空になるまで試す【ボッシュ編】

新型コロナウイルスの影響で一気に注目を集めた自転車通勤。e-bikeでの通勤に興味がある。でも実際にはバッテリーがどれだけ持つんだろう? こまめに充電するのは面倒くさいな……と考える人も多いのでは。実際にe-bike通勤をしたら、1回の充電でどれだけ走れるのか、カタログスペックの走行距離はどこまで正しいのか。そこでe-bike部・清水がバッテリーが空っぽになるまで試すことに。

快速系e-bikeコラテック「E-POWER SHAPE PT500」を借りる

緊急事態宣言解除後もテレワークが中心でしたが、出勤時にはやっぱり電車には乗りたくない。とはいえ、自宅からオフィスまで片道20km弱の距離を人力自転車で通うのは……e-bikeなら坂道気にせず走れるし……。そこでメーカーに無理なお願いをして通勤用に「E-POWER SHAPE PT500」をお借りしました。以前にメリダ「ePASSPORT 400 EQ」のロングライドでバッテリーを検証しましたが、今回はリアルe-bike通勤編となります。

e-bike部メンバーにも人気のコラテック「E-POWER SHAPE PT500」は、ペダルを数回回せばあっという間にアシスト上限の24km/hに達してしまう快速系e-bike。アシスト量が少ない、つまりバッテリー消費も少ないわけです。しかもバッテリーはボッシュ製「PowerTube 500」で500Whの大容量。平坦では漕ぎ出し以外にアシストを使っていない印象で、Ecoモードだけで十分なのでは? と考えてEcoモードだけで空っぽになるまで走ってみよう! とチャレンジすることに。結果として後悔することになるのですが……。

社内に届いたコラテック「E-POWER SHAPE PT500」

いざ、検証開始!! Ecoモード縛りでどれだけ距離を走るのか?

現時点でもe-bike通勤を続けていますが、スタートしたのは7月。真夏の時期にEcoモード縛りでの検証でした。「e-bikeは汗をかきにくい」的な印象もありますが、e-bikeだろうと量が違うだけで、夏は汗をかきます。当たり前ですけど、真夏は暑いです。しかも快速系e-bikeの場合は、ペダルを回してしまいゆっくり走ることができないので、毎回着替えを持っての通勤でした。

e-bikeでも真夏は暑い!!

走行距離10kmほどのほぼ新車でのe-bike通勤。自宅からオフィスまでは片道約18kmで、結構な上りのポイントが数カ所あります。e-bikeと出会っていなければ、きっと我慢して電車通勤だったと思います。が、いまはe-bikeの実力を体感しまくっているので、倍の距離でもe-bike通勤を選ぶと思います。

コラテック「E-POWER SHAPE PT500」は、ボッシュ製ドライブユニット「Active Line Plus」と500Whの大容量バッテリー「PowerTube 500」を搭載しています。公式サイトでは、この組み合わせでEcoモードで約160kmの走行が可能となっています(詳細はこちら)。

ボッシュ製「Active Line Plus」と「PowerTube 500」の組み合わせだと、Ecoで約160km、Turboで約80kmの走行が可能

片道約18kmなので、単純計算すると最低でも3.5往復は可能。ただ24km/h以上のアシスト領域外で走ることが多いので、少なくとも200~250kmは走れるだろうと予測しました。みなさんはEcoモード縛りでどれだけ走ると思いますか? さて、ここからは実際の走行距離のデータ写真を中心に紹介していきます。

通勤ルートはこんな感じ
数カ所ある坂はアシストモードを変更したくなったり
フル充電状態で借りて65.3km走行時。まだ目盛りは満タン。最初の航続距離を撮り忘れるミス
81kmで目盛りが1つ減る。先は長そう……
途中で充電したい誘惑にかられるかもしれないので、充電器は封も開けず会社に保管
ジャスト100km。目盛りが減る気配はなし
163km走行時で3目盛り残っている
とにかくe-bikeで移動。とある日の取材現場で快速系e-bikeの競演
238km走行時で残り2目盛り。予想より減らない。e-bikeでバッテリーが減って嬉しい貴重な経験
翌朝に航続距離を確認すると80km。あと100km以上余裕ってことか
310km走行時で、ようやく目盛りが最後に!! 非常に嬉しい!!
航続距離は30kmの表示。この状態だとガクンと減るはず
ここまでのアベレージは21.0km/h。そりゃバッテリーも減りませんね
航続距離30km表示から、さらに約48km走っても空っぽにならず無念
さらに翌日。遂に航続距離は1桁の距離に!!
最後に奥の手
急坂を数回往復してみると……
遂に……ゼロ!! Ecoモード縛り終了!!
Ecoモード縛りだと363.29kmという結果に。目安の160kmを大幅に上回る結果に。東京から名古屋や仙台くらいまで充電なしで走れるのか
ほぼ新車状態でやってきたコラテック「E-POWER SHAPE PT500」。Ecoモードしか使ってもらえず無念なのだろうか
も、もうアシストできません……
バッテリーを空っぽにするまで17時間17分かかりました
アベレージも21.0km/hのままフィニッシュ
通勤時にたまたまクルマ通りの少ない下り坂で出た速度。まあEcoモードで上っているのですが
500Wh大容量バッテリーに勝利し気分よくサイクリングへ
空が青い!! 気持ちも晴れ晴れ
389.22km走行後はじめての充電へ
充電中
回復中
充電中暇なのでひとっ走り。あれ?
バッテリーを外した状態で走行して破損などすると、メーカー保証の対象外になる可能性がありますのでご注意を
ディスプレイにも小型のリチウムイオン電池が入っているので、バッテリーを外しても起動&操作が可能。これはサイクリング後に自宅で走行データが見ることを想定した仕様です
充電完了! ボッシュのドライブユニットの場合は、充電前までの走行記録に基づき、航続距離を計算。前回同様の走りとアシスト量ならば、今回はEcoモードで272km走れるぜ!(控えめに言ってるけどな)ということ。もうEco縛りはやらないけど

アシストモードを使い分けたらどれだけ走る?

Ecoモード縛りで、500Whの大容量バッテリーが空っぽになるまで363.29kmも走れました。たとえば片道10kmで週5回通勤した場合、最後のほうで充電が必要になる計算ですが、週に2~3回の通勤なら1カ月以上充電が不要です。まあ、いろいろアシストモードが用意されているのに、わざわざ一番弱いアシストモードのみで走る人はあまりいないかもしれませんが……。

今回の結果を見ると、テレワークが終わって出社中心の日々が戻っても1カ月は充電不要かも

実際に通勤時にはアシストモードを上げたい坂がいくつかありましたが、変速を駆使すれば多少息はあがるものの、途中で足をつくこともなく上りきれました(個人差ありますが)。ただ、バッテリー残量が最後の目盛りになると、明らかに弱まっているアシスト力を実感できます。それを体感したい人も少ないとは思いますが……。バッテリー残量が尽きる最後の一瞬まで、必死になってアシストしようとするけなげな動きには「頑張ってくれてるなー」とちょっと感動しました。

五反田駅を過ぎ桜田通りを高輪台方面へ。ブラジル銀行が左手に見えると上りの合図。Turboモードは必要ないけど、Sportモードくらいは使いたい感じ
麻布十番の「新一の橋」交差点付近。ここから飯倉までもSportモードだと快適
六本木通りの溜池山王から霞が関に向けてが最後の坂。Ecoモード&軽いギアでくるくるペダルを回して上って行く。バッテリー容量が尽きそうでも、ドライブユニットが必死になってアシストしてくれる

なんてことを充電中に振り返っていたら、ふと「通常どおりアシストモードを変更しながら走ったら何kmでバッテリーが空っぽになるんだろう?」と考えてしまいました。ということで、今度は通常のe-bikeの乗り方で空っぽになるまで走ってみました。超簡単に結果をお伝えすると……。

バッテリーが空っぽになる直前。Ecoモードでも1kmしかもたない
Tourモードはもう無理ですね!
もちろんSportモードも無理ですね!
Turboモードなんて無理に決まってんだろ!! 早く充電してくれよ、という声が聞こえてきそう
待望の空っぽ状態!! 素行距離の表示は697.78km。前回は363.29km走って、その後389.22kmで充電したので、308.56km走った計算。約54kmほど短くなったが、それでも300kmオーバー
前回の走行時間は17時間17分。ここも少し短くなった感じ
アベレージも少し下がる。いろいろモードが使えるから余裕があってのんびり走った!?
2回目の充電後のEcoモードでの航続距離も272km→259kmに。忠実に計算している模様

といった感じの結果でした。体格や乗り方、交通状況などでいろいろ結果は変わってくると思いますが、きちんと変速とアシストを使いこなせば、e-bikeはカタログスペック以上にだいぶ長い距離を走ってくれます。アシストの強弱の好みも人それぞれなので、自分に合った乗り方でe-bikeを楽しんでください。

600km弱の時点でボッシュの担当者がレポートを出してくれました。走行距離10km程度の試乗車だったのでだいぶリアルな数字だと思います。オドメーターが599.70kmですが、アシスト無しの距離が436.2km、Ecoモードでアシストしてもらった距離が138.6km。……e-bikeの恩恵受けてるの? と思うかもしれませんが、坂道などでしっかり実感しています
ちなみにボッシュ製ドライブユニット搭載車は、購入先の店舗でレポートを出してもらえます。愛車のメンテナンスの際にぜひ!! 意外とおもしろい数字が見られます

e-bike部