ニュース

「人工知能デュアル連動刃」で肌に優しく深剃りできる電動シェーバー

ブラウン シリーズ9 9090cc

 ブラウンは、“世界最高に肌にやさしく、剃り残しゼロへ!”をコンセプトとした、電動シェーバー「ブラウン シリーズ9 9090cc」を11月上旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は42,800円前後(税抜)。

 「シリーズ7」以来、8年ぶりに発売されるシリーズ最上位機種。同社の60年にわたるシェーバー作りのノウハウを結集した最高峰のモデルで、同社のアンケート結果で上位を占めた、“深剃りと肌へのやさしさ”を両立させる究極のストロークを実現する技術が詰め込まれているという。

シェービングに求めることはという質問に対し、日本、ドイツ、中国、アメリカの男性の9割以上が肌への優しさと答えている
剃りにくいヒゲは、寝ているヒゲと様々な方向に生えているヒゲが50%ずつというアンケート結果に

 新モデルでは、深剃りと肌へのやさしさを実現するため、同社史上初となる技術「人工知能デュアル連動刃」を搭載する。

 人工知能デュアル連動刃では、厚さ0.2mmで刃を皮膚とヒゲの間に入り込ませる「極薄リフトアップ刃」と、様々な方向に生えているヒゲを整列させる「くせヒゲキャッチ刃」の2つのトリマーが連動。トリマーが1つだった従来機種に比べ、ヒゲを効率良く根元から立ち上げて網刃に送り込むことで、肌に優しい深剃りを実現するという。研究開発に5年を費やしたシリーズ9の、キモになる技術とする。

同社史上初となる技術「人工知能デュアル連動刃」を搭載
刃の厚みを0.2mmにすることにより、刃が皮膚とヒゲの間に入り込む。耐久性を確保するのに苦労したという
くせヒゲキャッチ刃。刃と刃の間隔を狭くすることで、ヒゲを整列させる精度を高めたという

 また、ヒゲの濃さに合わせて自動で対応する毎分1万回の音波振動が、肌を震わせて多くのヒゲをワンストロークで剃る「人工知能ターボ音波テクノロジー」や、あらゆる肌の凹凸に対応するフレキシブルな首振りヘッド「密着3Dヘッド」を、従来機種より引き続き採用する。

モデルによる実演も行なわれた。1ストロークできれいに深剃りできているのが分かる

 本体サイズは66×44×168mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は210g。電源は充電交流式で、充電時間は約1時間。連続使用可能時間は45分。充電残量は、5段階で表示。充電切れの9分前より1分刻みの表示に変わる。

本体正面。親指付近のボタンが電源
電源ボタンの下に、充電残量が表示される。
ヘッド部分。網刃に挟まれている2枚の刃が人工知能デュアル連動刃で、青いほうが極薄リフトアップ刃
ACアダプターの差し込み口
本体背面。トリマーが付いている
親指付近のボタンを押しながら上にスライドさせる
シリーズ9専用のクリーン&リニューシステム。ヘッドの状態によって3段階の洗浄モードを自動で切り換える
クリーン&リニュー専用の洗浄液を差し込むところ
シリーズ9を差し込んだところ

(中野 信二)