ニュース

0.3μmの微細なゴミを99.97%捕らえるダイソンのスティッククリーナー

ブラシに柔らかいナイロンフェルトを採用した「V6 フラフィプラス」

 ダイソンは、きれいな空気を排出するコードレスクリーナー「ダイソン V6」シリーズを5月21日より発売する。気密性の高い本体構造と高性能フィルターを備えたモデルで、スティッククリーナー4機種、ハンディクリーナー2機種を発売する。

 スティッククリーナーは、ソフトタイプのヘッドを採用したフラフィモデル2機種、静電気の起こりにくい素材を採用したモーターヘッドモデル2機種の計4機種で、価格はオープンプライス。店頭参考価格は59,800〜84,800円。

 ハンディクリーナーでは、布団掃除に特化した「Dyson V6 Mattress(ダイソン V6 マットレス)」を初めて投入。価格はオープンプライス。店頭参考価格は43,800円(税抜)。

 独自開発のデジタルモーターV6を搭載した高機能コードレスクリーナー。特許技術のサイクロン構造により、高い吸引力と集じん力を備える。V6シリーズでは、排気のきれいさを見直した。ダイソンでは、きれいな空気を排出するためには、高性能のフィルターを搭載するだけでは充分ではないとして、高性能フィルターと密閉性の高い製品設計を採用。ゴミを吸い込んだ時の空気が排気口からしか出ないような構造とした。

製品本体
本体部分。ポストモーターフィルターを搭載
上位モデルの「V6 フラフィ」では、ブラシに柔らかいナイロンフェルトを採用する

 これにより、0.3μmの微細な粒子やアレルゲンを99.97%以上捉え、室内の空気よりもきれいな空気を排出できるという。

 会場では東芝のスティッククリーナーとの比較デモンストレーションが行なわれた。スモークが充満したボックスから空気を吸い上げるというもので、東芝のスティッククリーナーでは、本体の至る所からスモークが出ていたのに対し、密閉性を高めたV6フラフィでは、全く出ていなかった。

東芝のスティッククリーナー(左)と、「V6 フラフィ」(右)の密閉性を比較する
ボックスの中に充満したスモークを吸引する
東芝のスティッククリーナーは本体の至るところからスモークが出ていた
ダイソンの新モデルは全く出ていなかった

 また、吸引力の比較でもその差は歴然だった。

アクリル板の溝に重曹を撒き、それを吸引するというデモンストレーション。左がダイソン、右が東芝
結果。右の東芝はほとんどのゴミが残ったまま。左のダイソンは白いゴミが少ない

 ブラシに柔らかいナイロンフェルトを採用した「V6 フラフィ」の本体サイズは250×208×1,211mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は2.34kg。上位機種のV6 フラフィプラスでは、ハードブラシ、布団ツール、延長ホースなど6種類のツールが付属する。V6 フラフィの付属ツールは3種類。店頭参考価格は、順に84,800円、74,800円(いずれも税抜)。

(阿部 夏子)