やじうまミニレビュー

ランナーは、どうスマートフォンを携帯するか?

〜走るライター南井正弘の「コレはホントにスグレモノ!」〜

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
実際に履いて使って走ってから書く、ライターの南井正弘が「コレはホントにスグレモノ!」と太鼓判を押すスポーツアイテムを、毎週レコメンド! 第18回は、スマートフォンなど濡らしたくないものを汗や雨から守る撥水性の高いウエストポーチをご紹介。

 走ったログを記録として残しておきたいというユーザーは少なくなく、GPSウォッチに加えてスマートフォンのランニングアプリを同時に起動するランナーも多い。このようにスマホのランニングアプリは日本でも完全に定着した。

 そんなときに問題になるのがスマートフォンをいかに携帯するか? 最近のスマートフォンは大型化しているし、iPhoneには防水性がない。1月中旬、そんな状況に対応する嬉しいアイテムが登場した。それがスマートフォンのように大切なモノを、水から守る撥水性に優れたスパイベルトだ。

SPIBELT LARGE WATER RESISTANT
メーカー名 SPIBELT(スパイベルト)
製品名 SPIBELT LARGE WATER RESISTANT
購入場所 公式オンラインショップ
購入価格 3,996円

 ランニング時に、スマートフォンをどう携帯するか、悩んでいるランナーは多い。特に非防水タイプのスマートフォンの場合、汗や水、雨の影響を受けてしまうからだ。

 そういった問題を一挙に解決してくれるのが、撥水ジッパーと撥水性に優れた生地を組み合わせたスパイベルト ラージウォーターレジスタンス。

ジッパーにも撥水タイプを採用。雨天や給水時などで大切なモノが濡れるのを守る

 スパイベルトは伸縮性に優れたファブリックを使用したフィット性の高さと優れた収納力を兼ね備えることで、これまでもランナーの間で確固たる支持を獲得していた。このモデルはラージという、少し大きめサイズに、撥水性をプラスしている。

 実際に使用してみるとまず感じるのはスパイベルトならではのフィット感の高さ。走行時の上下運動にも、カラダにピッタリとフィットしてくれる。あえて雨の日に使用したが、雨粒が玉になって生地にしみず、使用されているファブリックの撥水性の高さを感じた。

 筆者の周囲のランナーで、レース時の給水所でスマートフォンに水によるダメージを与えてしまったランナーもいたが、これを使っていれば、そんな心配も少なくなるだろう。3000円台の価格もこの機能性の高さを考慮すれば納得できるはずだ。

南井 正弘

フリーライター、『ランナーズパルス』編集長。1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に『スニーカースタイル』『NIKE AIR BOOK』などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。