家電製品ミニレビュー

冬のゴロ寝の最強アイテム発見! アテックス「HOT ZAISU」

アテックスの「HOT ZAISU AX-KI302」

 コタツに足を入れて、寝っ転がりながらテレビを見る……まさに至福の時間。ただ長時間続けていると、それなりに支障が出てくる。まず、テレビを見るために頭を支えている肘が痛くなってくる。頭を支えている手のひらもしびれてくる。コタツでそのまま眠くなってしまうというのも問題だ。

 そこで最強のごろ寝アイテムとしてオススメしたいのが、今回紹介するアテックスの「HOT ZAISU AX-KI302」だ。座面部分にヒーターを内蔵した機能派の座椅子なのだが、それよりも魅力的なのが42段階のリクライニング機能。寝っ転がった状態で、快適な姿勢をキープできるのだ。

メーカー名 アテックス
製品名 HOT ZAISU AX-KI302
希望小売価格 14,000円(税抜)
購入価格 10,584円
購入場所 Amazon.co.jp

 ヒーターは強42℃と弱35℃の2段階で調整可能。座椅子のお尻を載せる座面部分に内蔵されている。操作は至ってシンプルで、電源ボタンは1つだけ。1回押すと強、2回押すと弱設定になる。いずれも30分の自動オフタイマーが付いているので、そのまま寝てしまっても安心だ。

製品パッケージ。しっかりしているので、ギフトにもオススメ
電源ボタンは1つだけ
弱設定時は青、強設定時は赤く光る

 個人的なイチオシ機能が42段階のリクライニング機能だ。直角の状態から、180度開いた状態まで細かく角度を調節できる。食事をするときは立てて、テレビを見るときは横にしてなど、シーンに合わせて使い分けできる。

 そこまでは普通なのだが、HOT ZAISUは背もたれが部分的にくりぬかれているのがポイント。手を入れて、肩をあずけることができるので、無理なくゴロンとできる。そしてこの姿勢は寝ながらテレビを見るのに、ぴったりなのだ!!

最も立てた状態
寝かせた状態
シーンに合わせて様々な使い方ができる
イチオシなのがごろ寝の状態
手を通して使えるので、腕に負担がかからない。長時間この姿勢でも疲れにくい

 これまで様々なアイテムを試してきたが、寝ながらテレビを見るなら、HOT ZAISUがダントツでオススメ。夫など、あまりに気に入って、年末年始、帰省する際にわざわざこの製品を持っていったほど。高さ、幅、奥行きが50cm以内に収まる持ち運びやすいサイズもポイントだ。

 自分が座っているところだけ効率よく温めることができ、電気代も抑えられる。毎日2時間使ったとしても、1カ月の電気代は約33円。ひとり暮らしで、部屋全体を温めるのはもったいないという人にもオススメだ。

(阿部 夏子)

Amazonで購入