家電製品ミニレビュー

ペットのニオイに効果あり! オゾンで消臭する「オゾネオ」

ペットのニオイに期待して購入した「オゾネオ」

 室内でペットを飼っているとニオイが気になる。我が家は猫用トイレの近くにソファを置いているのだが、可愛がっている愛猫“りきお”といえども、用を足した後などは正直近づきたくない。

 そこで導入したのが、日立マクセルの除菌消臭器「オゾネオ」。低濃度オゾンとイオンでニオイを分解するというものだ。

メーカー名 日立マクセル
製品名 オゾネオ インテリアタイプ
品番 MXAP-AR200
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 9,550円

 オゾネオは、オゾンの酸化力で生活臭や菌を取り除く消臭器。低濃度オゾンとイオン風を効果的に発生する特許技術「多重リング式コロナ放電」を採用しており、空気中の菌やニオイの元を分解し、ペット臭の軽減やウィルス除去に役立つという。

 本体は、52.5×130mm(幅×高さ)とコンパクトで、手で簡単に持てるサイズだ。約10畳までの部屋で使用可能。カラーは、ホワイト、ダークレッド、ダークブラウンの3色で、今回はダークレッドを購入した。

 電源はACアダプターから供給するほか、リチウムイオン電池を内蔵するため、充電すればコードレスで使用できる。クローゼットや玄関など、電源のない場所でも使いやすい。なお、コードレス時の使用可能時間は最大約3時間、充電時間は約2.5時間だ。

オゾネオ インテリアタイプ
上部からオゾンを発生する
低濃度オゾンを発生するプレートは外して洗える
電源は付属のACアダプター、もしくは内蔵のリチウムイオン電池から供給。充電すればコードレスで使用できる
USBケーブルは側面に接続する
接続した様子。本体はコンパクト

 特許技術「多重リング式コロナ放電」は、コロナ放電された電極プレート(多重リング)から低濃度オゾンが発生し、ニオイの元を分解する仕組み。ファンやフィルターがないため、多重リングを水洗いするだけと手入れが簡単なのも特徴だ。

 オゾンというと、濃度が高くなりすぎると体への悪影響が心配され、また、オゾン臭が苦手という人もいる。しかしオゾネオは、空気を対流させることで、環境基本法で規定されている0.06ppm以下の低濃度オゾンしか発生しない仕組みを採用している。そのため、設置場所に配慮すれば体内への心配がないとしている。

 実際、本体を近くに置いてもオゾン臭がすることはなく、吹き出し口に顔を近づけてやっとニオイがする程度だった。

【お詫びと訂正】記事初出時、環境基本法で規定されている0.006ppm以下の低濃度オゾンと表記していましたが、正しくは0.06ppm以下です。お詫びして訂正いたします。

オゾン消臭の仕組み

消臭効果はバッチリ! ペットのニオイが気にならない

 説明書には、オゾンの吹き出し口から30cm以内に顔を近づけないようにと記載されていたので、猫用トイレから30cm以上離し、近くのサイドテーブルに置いた。

 設置した当初は、りきおが怖がってトイレに近づかなくなったらどうしよう……と心配したが全く問題なかった。

 肝心の消臭効果はバッチリ。オゾネオを使い始めてから1カ月以上経つが、ニオイはかなり消えるようになった。これまでニオイが気になって座るのをためらっていたソファだったが、今は気にせずにくつろいでいられる。りきおが用を足した後は臭うこともあるが、5分ほどで消臭されていた。

 なお、オゾネオの適用畳数は約10畳。今回は15畳のLDKに使ったが、ソファと猫トイレのあるスペースにだけ効果を期待したので、LDKの1/4を占めるそのスペースには十分効果があった。

自宅にいるときに過ごす時間の多いリビングのソファ。猫用トイレが近くにあるのでニオイが気になることも
トイレ近くのサイドテーブルに設置。しっかり消臭してくれる
使用中は上部の緑のランプが光る。使わないときは中央のボタンで電源をオフにする

 フィルターやファンがないため、手入れは簡単。長時間使用すると放電時に電極プレートが汚れるが、本体から取り外して水洗いするだけだ。よく乾かしたらふたたびセットする。

 今回はペットのニオイ対策にトイレ横に置いて使用したが、汗のニオイが気になる夏場は玄関や下駄箱、クローゼットなどに置くのも良いだろう。

 コードレスでも使用できるが、連続運転時間は約3時間。日常的に使う場合には、電源が確保できる場所での使用がオススメだ。

手入れは簡単。背面から電極プレートを外す
水洗いするだけ
電源が確保できるなら玄関に置くのも良さそうだ

(西村 夢音)