ニュース

ネスレ、アイスコーヒーサーバーの無料貸し出しをスタート

ネスカフェ アイスコーヒーサーバー

 ネスレ日本は、ペットボトルコーヒー専用の「ネスカフェ アイスコーヒーサーバー」の無料貸出しについて、その先行受付を3月中旬から開始。今回の無料貸出しは、ネスカフェ アンバサダーがいるオフィスやコミュニティが対象となる。

ネスカフェ ペットボトルコーヒーの商品例

 氷がなくても冷えたアイスコーヒーが楽しめる、ペットボトルコーヒー専用のサーバー。一度に4本までのペットボトルコーヒーを保冷でき、コーヒーがおいしく飲める適温になると、LEDライトで知らせてくれるという。

 本体サイズは約304×359×516mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約13kg。定格消費電力は110/150W(50/60Hz)。

 なお、サーバーを借りるには、ネスカフェ アンバサダー専用の配送サービスを利用していることと、1回の購入金額が合計で4,000円(税込)以上であることが必要。

 ネスカフェアンバサダーとは、同社の「バリスタ」「ドルチェ グスト」「スペシャル.T」などのコーヒーやティーマシンを、導入しているユーザーのこと。

(河原塚 英信)