ニュース

LEDライト搭載で電球のように使える、トイレ向けのプラズマクラスターイオン発生機

 シャープは、プラズマクラスターイオン発生機の新製品として、ベッドサイド用の「IG-GBP1」を11月6日に、LEDライトを搭載した天井設置型の「IG-GTA20」を11月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に、20,000円前後、22,000円前後(税抜)。

プラズマクラスターイオン発生機 ベッドサイド用
天井設置型
シャープ 健康・環境システム事業本部プラズマクラスター機器事業部の菅原靖文事業部長

 大阪市内で会見した、シャープ 健康・環境システム事業本部プラズマクラスター機器事業部の菅原靖文事業部長は、「今回のプラズマクラスターイオン発生機は、女性の視点で開発したもの。除菌・消臭、静電気除去効果、肌保湿効果を活用することで、わかりやすい効果と実感できる空間を実現。空気清浄機では置けない小さな空間の悩みに応えることができる」と位置づける。

電球のように簡単に取り付けられる天井設置型

 天井設置型のプラズマクラスターイオン発生機「IG-GTA20」は、電球のように手軽に取り付けることができる製品。電源部に一般的な電球と同じE26口金形状を採用することで、電球のように手軽に取り付けられ、トイレの床などに付着している「ニオイ原因菌」を除菌、消臭できるという。

天井設置型プラズマクラスターイオン発生機「IG-GTA20」

 本体には人感センサーを備えた40W相当のLEDライトを搭載し、トイレの照明としても利用できる。

 トイレでは、主に男性の小用時に床や壁に尿が飛び散り、これにニオイ原因菌が付着。ニオイ原因菌が尿を分解して増殖する際に、強いアンモニア臭が発生するという。

 「トイレは、家庭内で最もニオイが気になる場所。戸建住宅ではトイレに窓がある住宅は多いが、プライバシーやセキュリティの問題から窓を開けている時間は30分以内がほとんど。集合住宅ではトレイに窓がないという場合が多く、換気扇の作動時間も30分以内が69%を占めるというように動作時間が短い。そして、芳香剤や消臭剤も化学合成的に匂いに不満という声がある。一方で、トイレにイオン発生機を設置したくても、電源コンセントがなかったり、設置スペースがとれないなどの課題があった。新製品では、一般的な電球と同じようにプラズマクラスターイオン発生機を天井から設置できる」という。

 IG-GTA20には、人感センサーを搭載しており、人が居ないときはLEDライトを消灯。プラズマクラスターの強運転でトイレの床などに付着している「ニオイ原因菌」を除菌、消臭する。ほかにも、人を感知すると、自動的に電球で約40W相当の明るさのLEDライトを点灯し、プラズマクラスターは風を抑えた標準運転に切り替わる。

 あかりの消し忘れがなく、24時間運転しても1日あたりの電気代は約1.8円で済むという。

 本体サイズは、102×102×220mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約540g。

電源部にE26口金形状を採用。電球のように手軽に取り付けることができる
トイレの床などに付着している「ニオイ原因菌」を除菌、消臭する
人感センサーで自動的にオンとオフを切り替える

 「数カ月に一度、芳香剤を買い換えるというランニングコストを考慮しても、22,000円という本体価格の設定には問題がないと考えている」(菅原事業部長)という。

 また、「年末の大掃除の際に電球を取り替える際に、IG-GTA20を提案するといった展開のほか、引っ越しシーズンや、今後増加するリフォーム時など、年間を通じて展開できる製品にしていきたい」(シャープ・澤井係長)という。

さくら色LEDでリラックスできるベッドサイド用

ベッドサイド用プラズマクラスターイオン発生機「IG-GBP1」

 一方、ベッドサイド用プラズマクラスターイオン発生機「IG-GBP1」は、寝ている間も、プラズマクラスターイオンの効果を得られることを狙った製品。

 高濃度プラズマクラスター25000を搭載するとともに、寝ている間に肌をケアする「おやすみ運転」を搭載。高濃度のプラズマクラスターイオンを取り囲む水分子が、肌表面に水分子コートを形成して、肌にツヤとハリを与え、キメを整えることができる。おやすみ運転時の運転音は18dBと、低騒音化を実現している。

肌表面に水分子コートを形成する

 また、外出時には「枕リフレッシュ運転」モードにすることで、枕に付着した汗のニオイの消臭や、ダニのふんや死がいといった浮遊アレル物質の作用を抑制。髪を乾かさずに寝た時の生乾き臭を消臭することもでき、枕周りを快適な環境に整えられるという。

 さらに、本体には「さくら色LED照明」を採用。リボンをモチーフとしたシェードから光が拡散するデザインで、間接照明としての利用に加えて、就寝前のリラックス空間を演出。気持ちを癒すことができるという。さくら色のあかりは、「明/暗」の2段階に切り替えができ、だんだん暗くなって消灯する30分間のタイマー機能も搭載している。

 本体サイズは176×176×175(幅×奥行き×高さ)mmで、重量は約545g。

シャープ 健康・環境システム事業本部プラズマクラスター機器事業部 商品企画部・澤井和美係長

 「ベッド周りの空間は、一日の中で長い時間を過ごす場所であり、とくに忙しい女性にとっては安らぎを求める場所のひとつ。忙しくてもきれいになりたい、顔にあたる枕を清潔に保ちたい、癒しを求めたいという女性の要望に対応できる製品。女性をターゲットとした製品であり、24時間に渡って枕まわりをトータルでケアすることができる」(シャープ 健康・環境システム事業本部プラズマクラスター機器事業部商品企画部・澤井和美係長)としている。

 また、同製品は、シェード部分を取り外すことができる構造となっており、この部分を別のものに差し替えるといった提案も可能になる。「サードパーティーとの連携により、利用シーンにあわせた別の提案も可能になると考えている」(シャープ・菅原事業部長)という。

ベッドサイドに置いて利用することができる
シェードからさくら色の明かりが拡散することでリラックス環境を演出
シェード部は取り外すことができる

 なお、シャープでは、IG-GBP1-WおよびIG-GTA20-Wのモニター販売を実施する。

 モニター販売の募集期間は、2014年10月24日(金)16時〜10月30日23時59分。申し込みには、無料で登録できる「SHARP i CLUB」および「いい暮らしストア」の会員になる必要がある。新製品を購入したモニターの意見や感想をフィードバックすることで、製品開発やマーケティングに活用するという。

 申し込みは、同社サイトhttps://store.sharp.co.jp/monitor1/から。

(大河原 克行)