ニュース

【CES 2013レポート】パナソニック、北米市場に「Panasonic Beauty」を投入

〜「米国のニーズに刺さる製品」と津賀社長

2013 International CESのパナソニックブース

 パナソニックは、米ラスベガスで開催中のInternational CES 2013の同社ブースに、白物家電製品を初めて展示。白物家電事業の拡大に取り組む。

 同社は、北米市場向けに、電子レンジ、調理小物、掃除機、理美容関連製品、ヘルスケア商品を販売してきた経緯がある。今回のInternational CES 2013への出展にあわせて、これまで北米では行っていなかった理美容製品のブランドである「Panasonic Beauty」シリーズを投入。また、欧州市場向けに投入している調理小物製品「BREAKFAST(朝食)」シリーズも、2013年春を目標に北米市場で発売する。BREAKFASTシリーズは、日本での発売予定はないという。

Panasonic Beautyブランドの展示コーナー
Panasonic Beautyを積極的にアピール
調理小物製品「BREAKFAST(朝食)シリーズ」
パナソニックの津賀一浩社長

 会場を訪れたパナソニックの津賀一宏社長は、「個人的な感想だが、大型家電製品に比べて、Panasonic Beautyシリーズは、米国のユーザーニーズに刺さりやすい製品だと考えている」と語る。

 パナソニックならではの付加価値を生かすことで、新たな理美容製品分野を北米市場に開拓できるというのが同社の姿勢だ。

 これまで投入してきたメンズシェーバーや脱毛機、レディースシェーバーなどに加えて、パナソニックの独自の技術であるナノイーを活用したナノケアドライヤーやナノケアヘアアイロンを新たに追加。ドライヤーでは、米国市場のニーズにあうように大容量タイプの製品を用意したという。

Panasonic Beautyブランドの女性用の理美容製品群を展示

 さらに、電動ハブラシのドルツでは、「米国人の奥歯にも適したようにブラシの形状などを変更して、北米市場に投入する」(パナソニック コンシューマーマーケティング ノースアメリカの北島嗣郎社長)という。

パナソニック コンシューマーマーケティング ノースアメリカの北島嗣郎社長
ドルツシリーズは米国人向けにブラシを改良したという
Panasonic Beautyブランドの男性用シェーバーなど

 2013年に北米市場における理美容製品の売上高を50億円程度にまで引き上げる計画である。

 International CES 2013のパナソニックブースでは、Panasonic Beautyのロゴを掲げ、男性向けおよび女性向けの理美容製品を展示。また、BREAKFASTシリーズも、欧州市場向けに展開しているコーヒーメーカー、ポップアップトースター、ケトルの各製品を展示。2色のカラー展開も行っていく。

 さらに、既存の販売ルートに加えて、新たに美容商品専門店や高級調理器具専門店などの販路開拓にも取り組むほか、Amazonなどのオンライン販売を強化。米ニューヨークのマンハッタン近郊には、「Experience Shop」をオープンして、これらの製品を直接体験できる場も提供する。

 そのほか、エアコンについては、旧三洋電機のエアコン商品群と販路を統合しながら、VRF(ビル用マルチエアコン)とスプリットタイプエアコンを本格的に展開。2013年度は2桁成長を目指す考えだ。

 さらに太陽光パネルやLED照明といった製品群でも、北米市場における訴求を強化する。

北米市場に投入している掃除機製品群
パナソニックのアイロンの製品群
電子オーブンのMN-SD372
ブレッドメーカーのSD-RD250
炊飯器のSR-DF101
トースターオーブンのNB-G110P
太陽光パネルの展示も行なっていた
LED照明の展示では東京スカイツリーに設置しているLEDを展示

 一方で、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電製品については、慎重な姿勢をみせる。

 パナソニックの津賀社長は、「冷蔵庫や洗濯機といったメジャーアプライアンスの分野においては、パナソニックの価値が米国市場でどこまで求められているのかが疑問である」とする。

 また、パナソニック ノースアメリカのジョゼフ・テーラー会長も、「白物家電事業は、日本をはじめとするアジアや欧州においては地盤があるが、北米市場では、新たに大規模な投資が必要になる。今後数年は、その分を、むしろBtoB事業に優先的に投資していきたい」とする。

 同社では、今回の2013 International CESにおいては、理美容製品および調理家電製品の強化を図る一方で、開催初日に行われた津賀社長による基調講演では、パナソニックの事業がコンシューマ製品以外にも多岐に渡ることを示しながら、自動車産業や航空産業などとの連携強化や、店舗向けソリューションの提案といったBtoB事業の強化を強調してみせた。

 同社の北米市場におけるコンシューマ製品の売り上げ構成比は2割弱となっており、BtoB事業の拡大を優先する考えだが、理美容製品し調理小物家電については、パナソニックの付加価値が訴求できる市場と位置づけていく考えだ。

(大河原 克行)