ニュース

東芝、生米からパンを焼き上げるホームベーカリー「SuiPanDa」

ホームベーカリー「SuiPanDa ABP-R100」

 東芝ホームベーカリーは、白米からパンを焼き上げるホームベーカリー「SuiPanDa ABP-R100」を12月21日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万円前後。

 1斤の食パンが焼けるホームベーカリー。SuiPanDaでは、白米からパンを焼き上げる「炊(すい)パン」コースを新たに搭載したのが最大の特徴。同コースでは白米をおかゆ状に炊きあげたところに、強力粉とドライイーストを入れて焼き上げる。一度ごはんを炊いてから作るパンは、ごはんの甘みが引き立ち、もちもちとした粘りのある食感に仕上がるという。

 材料は、生のままの白米と砂糖、塩、バター、水、強力粉、ドライイースト。強力粉とドライイーストは、白米をおかゆ状にしてから投入するため、パンケースではなくて別の投入ケースにセットする。なお、生の米を使ってパンを作るホームベーカリーは、パナソニックの「GOPAN」に続き、業界で2番目となる。

白米をおかゆ状にしてから、強力粉とドライイーストを入れて焼き上げる。強力粉とドライイーストはパンケースとは別の投入ケースにセットする

 炊(すい)パンコースではこのほか、雑穀米、五分づき、七分づき米のメニューのほか、ほうれん草やかぼちゃ、さつまいも、じゃがいもパンメニューなどを備える。同コースは、焼き上がりまでの間に加熱工程が入るため、野菜も事前の火通しなどをすることなく、米と同時に加熱できるという。

炊(すい)パンコースで焼けるパン。野菜入りパンも野菜の事前加熱なしで焼ける

 焼き上げ方式は、オーブンレンジなどでよく使われているコンベクション方式を採用。熱風を循環させて焼き上げるため、パンの上面まで焼き目をつけることができるという。

 そのほか、パンメニューとしては、「ライ麦パン」コース、冷やごはんを使った「小麦ごはんパン」コース、「小麦ゼロ」コース、「小麦食パン」コース、「米粉パン」コース、「全粒粉パン」コースなどを搭載。パン生地やピザ生地、もち、うどんなどが作れるメニューも用意する。

 使い勝手の面では、工程中の内部の様子が確認できる窓を本体上部に備えたほか、移動に便利なハンドルを上部に設ける。運転音は生地こね工程時で約50dB(本体から1mの距離で測定)。

 本体サイズは261×325×368mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約8kg。消費電力は380W。本体には計量カップ、計量スプーン、49のレシピが掲載されたレシピブックが付属する。本体カラーはパールホワイト。

(阿部 夏子)