記事検索
最新ニュース

オムロン、測定結果をパソコンでグラフ化する血圧計

 オムロンは、測定結果をパソコンに転送してグラフ化する「自動血圧計 HEM-1025」を3月1日より発売する。価格はオープンプライス。市場想定価格は19,800円前後。

自動血圧計 HEM-1025 USB通信機能を搭載し、パソコンでデータ管理できる上腕血圧計

 腕を通すだけで測定ができる全自動タイプの上腕血圧計。USB通信機能を搭載し、測定結果を自動で転送して、パソコンで管理できる点が特徴。パソコンの対応OSはWindows XP/Vista/7,Mac OS X 10.5以降。

 転送したデータは、同社の無料健康管理ウェブサービス「ウェルネスリンク」に同期され、血圧の変化を「マイグラフ」として確認できる。さらに朝晩2回の血圧データをグラフで表示し、印刷できる「朝晩血圧手帳」機能も備えた。朝晩血圧手帳では血圧のほか、ウェルネスリンクに登録した服薬状況や体重、歩数なども表示できるため、印刷して医療機関に持参すれば、早朝高血圧の早期発見や治療時の薬の効果の確認といった診察に役立てられるという。

上は、血圧の変化を表示する「マイグラフ」。下は、朝晩に2回の血圧データや薬状況や体重などを表示する「朝晩血圧手帳」。朝晩血圧手帳はプリントアウトできるため、印刷して医療機関に持参すれば、診察に役立てられるという

 また、毎日正確に測定できるよう、血圧測定用と監視用の2つのセンサーを備えた「デュアルチェックシステム」を採用。監視用センサーは、測定用センサーが正常に機能しているかどうかを、測定のたびに監視してランプで知らせる。

 さらに、一人ひとりの血圧値に応じて正確で安全に測定ができるよう、同社独自のアルゴリズム「インテリセンス2.0」も搭載。腕の太さ・細さの違いから生じる測定値の誤差を抑えるという。

毎日正確に測定できるよう、測定用と監視用の2つのセンサーを備えた「デュアルチェックシステム」を採用 正しい姿勢がとれているかを知らせる「測定姿勢チェック表示」機能も備えた

 また、腕を通す部分の角度から、正しい姿勢がとれているかを知らせる「測定姿勢チェック表示」機能も備えた。

 このほか、早朝高血圧を確認する機能として、「早朝高血圧マーク」も搭載している。朝測定した血圧値の1週間の平均が、家庭血圧の基準値である「135/85mmHg」を超えた場合、早朝高血圧マークが点灯して知らせる。また、朝と夜の週平均測定値を個別に管理できる「朝/晩平均スイッチ」も搭載している。

 本体サイズは179×246×211mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約1.6kg。電源は専用ACアダプターと、別売りの単二形アルカリ乾電池4個の2通りに対応する。






(小林 樹)

2012年2月23日 18:11