記事検索
最新ニュース

【グッドデザインエキスポ2011】
さらに進化するLED電球
パナソニックのクリア電球タイプや、Ra97の“超高演色”タイプが登場

 グッドデザイン賞の候補作品約2,000点を展示する「グッドデザインエキスポ2011」が、26日、東京ビッグサイトで開幕した。会期は28日まで。開催時間は10時から21時までで、28日は16時で終了。入場料は1,000円。家電Watchでは、会場で公開された家電製品や照明機器、日用雑貨品などを紹介する。

パナソニック、クリア電球のように光が広がるLED電球

パナソニックのクリア電球のようなLED電球「LDAAHV4LCG」

 パナソニックの企業ブースでは、クリア電球のように光が広がるLED電球「LDAAHV4LCG」を公開していた。

 クリア電球は、電球のカバーに白い塗料が塗られたシリカ電球と異なり、電球カバーが透明で、キラキラとした光が特徴。これまでのLED電球は、シリカ電球のような光を再現するために、半透明の電球カバーを採用していたが、今回展示された「LDAAHV4LCG」では、カバーはまったくの透明で、クリア電球と見紛うような光を広げていた。

 光源には、フィラメントのような細長い蛍光体を搭載した。これにより、光を全方向に拡散するという。また、サイズはクリア電球とまったく同じ“ジャスト電球サイズ”ながら、消費電力は白熱電球の20Wから4.4Wに抑え、定格寿命は1,500時間から40,000時間に伸びている。

 参考出品のため、詳細なスペックや発売日、価格は不明だが、今秋の発売を予定しているという。

まるでフィラメントのように光が輝いている 明かりを消したところ フィラメントのように、横に長い蛍光体が2本付いている
内部構造。放熱のためにアルミ合金ベースを使っている 白熱電球と比べると、消費電力は約78%カット、寿命も約26倍となる 白熱電球と同じ光り方が実現できるという

Ra97の“超高演色”LED電球が登場。1,000lmオーバーの明るいタイプも

平均演色評価数がRa97の「超高演色タイプ」

 業務用途向けの照明を扱う京都のメーカー「CCS(シーシーエス)」からは、平均演色評価数が「Ra97」と高い、E26口金のLED電球「超高演色タイプ」が展示されていた。

 

 平均演色評価数とは、照らされる物が持つ本来の色がどれだけ表せるかを示す数値。この値が、白熱電球を基準とする「Ra100」に近いほど、色の再現性が高いとされる。一般的なLED電球では、Ra80台程度のものが多く、高くてもRa90が上限だった。

 しかし本製品は、電球色タイプ、昼白色タイプいずれも「Ra97」と、ほぼ白熱電球に近い数値となっている。同社ではこの超高演色タイプには、他の光源と比べて光が太陽光に近い「自然光LED」という光源を使用しており、そのため色の再現性に優れているという。また、電球色タイプは「朝夕の光を再現」、昼白色タイプでは「太陽の光を再現」したとしている。

 本体サイズは60×120mm(直径×高さ)で、重量は180g。定格消費電力は14W。定格寿命は30,000時間。全光束は電球色タイプが450lm、昼白色タイプが500lmで、日本電球工業会の基準では前者が白熱電球30W形相当、後者が40W形相当となる。現在発売中で、同社ネットショップでの直販価格は9,429円。

 CCSではさらに、全光束が1,400lmというとても明るいLED電球「高全光束タイプ」も展示されていた。

 高全光束タイプには、昼白色タイプと電球色タイプが用意され、全光束は順に1,400lm、1,200lmとなる。同社では昼白色タイプについて「白熱電球100W相当の明るさ」としている。

全光束1,400lmの「高全光束タイプ」も展示されていた こちらの電球色タイプでも、全光束は1,200lmと高い

 全光束が1,000lmを超えたLED電球は、国内ではユニティのXLEDIA(エクスレディア)シリーズが知られる。XLEDIAの場合、最も明るい「X17シリーズ」昼光色の全光束は1,540lmとなっている。

 高演色タイプの本体サイズは60×120mm(直径×高さ)で、重量は180g。定格消費電力は17.1W。定格寿命は40,000時間。発売中で、同社ネットショップでの直販価格は6,279円。

会場全体でもLED採用で節電への配慮

会場中心に設けられた空間芸術「GOOD GLOBE」

 今回のグッドデザインエキスポでは、節電への配慮として、会場の至るところでLEDが採用されていた。

 まずは、会場中央のインスタレーション(空間芸術)として、14,000個のLEDを集めて球形に形作った「GOOD GLOBE」が飾られた。“みんなの希望や未来への思いが集う場”をテーマとした直径7mの装飾照明だが、煌びやかな見た目の割には、消費電力はエアコン一台並みの890Wで済むとのこと。

 さらに、会場の展示台を照らす照明の多くにLEDを採用。会場全体の電気使用量は、昨年に比べ53.6%減と、半分以下に削減された。

約14,000個のLEDを使いながら、消費電力はエアコン1台並みの890Wとのこと 下から見たところ 会場の光源には主にLEDが使用されていた
 





(本誌:正藤 慶一)

2011年8月27日 12:30