やじうまミニレビュー

クサいブーツに終止符を! 備長炭で消臭する「ドライペット ブーツ用」

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
エステー「備長炭ドライペット ブーツ用」

 恥を忍んで言おう。女子のブーツはニオイやすい。ストッキングやタイツを履いた状態で1日過ごすと、ブーツの中は蒸れて雑菌が繁殖し、ニオイが付きやすくなる。

 予防のため、ブーツを履く前には必ず消臭スプレーを掛けるようにしていて、携帯用も持ち歩いている。故に、筆者が冬に消費する消臭スプレーの量は4〜5本とかなり多い。コスパが悪いな……と思い、導入したのがブーツ用の除湿剤「備長炭ドライペット」だ。

自分だけだったらどうしよう……と思い、友人(女子)2人にも聞いてみた。みんなブーツが臭くなるようだ
メーカー名 エステー
製品名 備長炭ドライペット ブーツ用
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 272円

 ドライペットは、備長炭と活性炭を特殊配合した除湿剤。縦長でブーツに入れやすい形状をしている。ブーツの内側の湿気をとり、足ムレ臭などのイヤなニオイを除去してくれるという。

 見た目が可愛らしいのもポイントで、ピンクのボーダーのデザインは女子心をくすぐる。ブーツを消臭するもの、と思うと後ろめたい気持ちになるが、見た目が可愛いだけで気分も上がる。

 標準除湿量は1枚につき70gで、1〜2カ月使用できる。交換時期は、顆粒状の薬剤がゼリー状になったときなのでわかりやすい。なお、濡れたブーツには使用できないので注意。

ブーツ用なため、2枚で1セット。縦長でブーツに入れやすい形状。ピンクのボーダーデザインが可愛い
裏側が吸湿面になっている
除湿剤は、備長炭と活性炭を特殊配合したもの

 ブーツに入れるだけなので簡単に使えるが、注意したいのは裏側の白い吸湿面が下になるように入れること。足裏が触れる中敷き部分に、吸湿面が当たるようにする。

 ドライペットは片足分だけで、除湿剤の入った2つの袋がひと続きになっている。下部は足裏部分に、上部は筒状の部分に当たるように入れられるため、しっかり除湿できる。

 実際に、1日履き続けたブーツにドライペットをイン。脱いだ直後は湿気でモワっとしていたブーツだが、3時間ほどでスッキリとしていた。何もしていないときとくらべて、こもったニオイなどを感じなかったので効果があったようだ。

 これまで、ブーツを脱いだ後は消臭スプレーを掛けるときもあったが、面倒になりがちでそのままにすることがよくあった。しかし、ドライペットならブーツに入れておくだけなので、億劫にならずに使えている。

ブーツに入れるだけなので簡単に使える
足裏に当たるように入れられるのでしっかり除湿できる

 また、それぞれリボンが付いているので、中にドライペットが入っているかひと目でわかる。取り出すのにも便利で、長さのあるブーツに入れても、履く際にサクッと出せる。

 経験上、ブーツはニオイが染みついてしまったらなかなか取れない。ニオイが染みつかないように、ドライペットで効率的にニオイ対策に励んでいきたい。

リボンが付いているので、中にドライペットが入っているかひと目でわかる
取り出しやすい

(西村 夢音)