やじうまミニレビュー

コロンと丸型が可愛い。お風呂タイムが楽しくなる防水Bluetoothスピーカー

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
エレコム「防水Bluetoothスピーカー」

 お風呂で半身浴をするときに、たまに音楽を聞いたりするが、非防水のスマホを浴室に持ち込むのは躊躇する。ジップロックや防水ケースに入れることが多いが、うっかり浸水させてしまったら……とビクビクする。

 そこで購入したのが、エレコムの「防水Bluetoothスピーカー」だ。

メーカー名 エレコム
製品名 防水Bluetoothスピーカー
型番 LBT-SPWP200
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 7,290円

 防水のBluetoothスピーカーはたくさんあるが、なぜエレコムの製品を選んだかというと、単純に見た目が可愛かったから。手のひらにおさまる、コロンとした丸いボディが目を引いた。カラーもパールホワイトに、ゴールドのアクセントが上品だ。

 また、LEDイルミネーションも搭載しており、リラックス空間の演出にさらに役立ちそう。本体はシリコンカバーで覆われているため、ふわっとしたやわらかな光が楽しめるという。

 コロンとした丸いボディは可愛いだけじゃなく、音の広がり方にも配慮されている。スピーカー開口部にディンプルディフューザーを採用し、360度に音が広がる設計だという。

 バッテリーは、リチウムポリマー充電池を採用。充電時間は約4時間で、連続音楽再生時間は約20時間だ。1度フル充電させれば、お風呂で使うだけなら2週間以上は充電不要だろう。

円形で360度に音が広がる
手のひらサイズ
付属のmicroUSBで充電する。充電中はLEDが青く光る

 さっそく使ってみよう。まずは、本体とスマートフォンをペアリングさせる。普段、iPhoneで音楽を聴いているためBluetoothでペアリングさせた。本体の電源ボタンを長押ししてペアリングモードにしたら、iPhoneのBluetooth機能をONにし、デバイスを登録する。

 ピロロロロンと本体から音がしたら、ペアリング完了だ。あっという間すぎて、ちゃんと連携できているのか不安になったが、iPhoneで音楽を再生させてみると、きちんとスピーカーから音が出ている。こんなに簡単でいいの? と思ったほどだ。

 また、NFC接続もできる。NFC搭載のAndroid端末なら、本体の電源をOFFにしてスマホとタッチさせるだけなので、こちらも簡単にペアリングできた。

スマートフォンなどとのペアリング。電源ボタンを長押しする
iPhoneのBluetooth機能をONにしてデバイスを登録
NFC搭載機種であれば、本体の電源をOFFにした状態でタッチするだけでペアリング完了する

浴室に音が広がる! お風呂タイムが楽しくなるアイテム

スピーカーの電源をONにして、スマホの音楽再生ボタンを押すだけであっという間に使えた

 無事にペアリングできたので、浴室に持ち込んで使ってみた。音の響き方など、詳しいことはわからないが、浴室で使うのには問題ない。360度に音が広がるため、浴室全体に音が響いて心地よい空間になる。音楽を聴きながらだと、自然とお風呂に浸かる時間も長くなるので、1日の終わりにゆっくりとリラックスすることができた。

 本体を壁際に寄せてみると、壁から音が跳ね返ってきて、また音の感じ方が変わる。置く場所によって音に響き方が変わるので、好みの位置を見つけるのも楽しいだろう。小型なので、浴槽のヘリに置いても邪魔にならない。

 便利だったのは、スピーカー本体のみでもさまざまな操作ができること。本体には、「音楽の再生・停止/音量調節」ボタンが備えられている。音量調節ボタンを長押しすれば、曲戻し/曲送りもできる。

 入浴中にスマホを浴室の外に置いていても、音量を変えたいとき、気分に合わせて曲を変えたいときなど、ちょっとした操作が本体できるので便利だった。

 また、音楽再生中にシャワーの水が掛かっても問題なく使えた。防水性能はIPX5/IPX7相当で、シャワーの水から保護でき、水深1mに沈めて30分放置しても本体機能は無事だという。

音楽再生中にシャワーの水を掛けても問題なく動く
360度に音が広がるので、浴室の中心に置くと良かった

 LEDイルミネーションがやさしく光り、視覚的にも癒される。ゆったりとした音楽を聴きながら、ぼわっと光るLEDを見ていると思わずうたた寝しそうになるほど。ボタンを押すごとに「青→緑→水色→消灯」で切り替わるので、気分に合わせて変えられる。

 最初はデザイン優先で購入を決めたが、実際に使ってみると操作性の高さにも満足した。特に、本体のみで音量や曲が変えられるのは高ポイント。

 置き場所にも困らないので、バスルームだけでなくキッチンやアウトドアなどさまざまな場所で活躍しそうだ。

操作ボタンの端にLEDボタンを備える。ボタンを押すごとに「青→緑→水色→消灯」に切り替わる

(西村 夢音)