やじうまミニレビュー

電源タップをスッキリ収納できるテーブルタップボックス。その使い勝手は?

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
イノマタ化学「テーブルタップボックス ホワイト Lサイズ」
 子どもがハイハイを始めて、家の中を侵略し始めました。何をどう片付ければいいのか、分からないほどに、色々なものをいじり倒します。そこで購入したのが、電源コードなどをまとめるタップカバーです。子どもからコードを……いや、子供を電源の危険から守るための必須アイテムです。
メーカー名 イノマタ化学
製品名 テーブルタップボックス ホワイト Lサイズ
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 1,182円

  購入したのは、6個口の電源タップをカバーするLサイズで、思わず「でかっ!」と声が出る程に大きいです。実寸を測ってみると、39×15.6×12.9mm(幅×奥行き×高さ)。この大きさが寝室やリビングに置かれると思うと、なかなかの存在感ですが、実際にタップやコード類を入れてみると……今までバラバラとなっていたコード類が隠されて非常にスッキリ! 子どものことと関係なく、もっと早く買えばよかった!

実際に部屋の中にあると、それなりの存在感
中身を入れるとこんな感じ

 タップカバーとしては以前サンワサプライの「ケーブル&タップ収納ボックス」がレビューされていましたが、イノマタ化学製品のは、箱の上部に開閉できる透明のプラスチック蓋がついています。スマホの充電コードなどは、使うときだけ取り出して、使わない時には仕舞っておきたいもの。掃除機などその時だけ使いたい! という場合にも、いちいち上蓋を全部外さなくても作業ができるので便利です。しかもこの透明な蓋には中央部分に少しくぼんだ、つまみ箇所があり、スマホ充電コードなど細いコードであれば、挟んでもしっかり蓋が閉まるのでなかなか優秀。

上蓋を開けたところ
透明のプラスチック可動蓋。手を入れるのは少し窮屈
スマホ充電コードは蓋を閉めても大丈夫。

 コード類のスッキリさにすっかり満足していましたが、今回の目的は子どもをガードすること。

横の穴は大きめ

 驚いたのは、10カ月の赤ちゃんが上蓋を開けてしまったことです。横からコードを出す穴が大きく、大人でも指2本は余裕で入るのでコード類を整理するのには抜群ですが、子どもの小さな手なら腕ごと入ってしまうため、開けてしまえるようです。元々が子ども対策グッズというわけではないので仕方ないですが、せっかく手軽に開閉できるプラスチック蓋があるのですから、上蓋にはちょっと引っかける程度のものでいいので、ロックがあればよかったなと思います。

 そしてもう一つ残念な点は、横の穴が中央にあいていること。奥行きもしっかりあるのでタップを入れたときは2つくらい入るほどに余裕があるな、と思いましたが実際にアダプターを差してみると、大きなアダプターではコードが曲がってしまいました。これは断線の原因にもなるので、大変いただけない。これだけ奥行きがあるのであれば、横の穴をもう少しどちらかに寄せてくれていれば、箱内のスペースにもっと余裕がでたのにな、と思ってしまいました。

横の穴は、大人の指2本が入る程度
大きめのアダプターではコードが曲がってしまう

 なお、ボックスの底部分は熱を逃がすために大きめの穴が開いています。箱自体がしっかりしているので、この穴に引っかけて壁に吊るすこともできそうです。実際に試してみると、2点で壁に掛けるだけで意外と安定感はあります。ただしPC用などの重いアダプターがある場合や、抜き差しをするときには注意が必要そうです。テーブルの少し上に、という程度の使い方は大丈夫そうですが、下に何もない壁に吊るすのは、安全上あまりオススメできません。

裏側は熱逃しの穴が開いている
壁にかけてみたところ。意外と安定感がある。

 子どもガードと思って購入すると星3つ、といったところですが、純粋にコード類を整理するだけであれば十分満足のいく製品だと思います。

(福井 彩乃)