家電製品ミニレビュー

シートタイプなのに本格的! フジ医療器のシートマッサージャー

フジ医療器「マイリラ シートマッサージャー」

 椅子やソファに置いて使える、シートタイプのマッサージャーが注目を集めている。マッサージチェアよりもはるかに手頃な価格で、場所も取らない点が魅力的だ。

 そんなマッサージシート市場に、マッサージチェアのパイオニアといえるフジ医療器が参入した。今回は、昨年末に販売された、「マイリラ」を紹介しよう。

メーカー名 フジ医療器
製品名 マイリラ シートマッサージャー レッド
型番 MRL-1000
購入場所 ヨドバシ.com
購入価格 42,940円

 マイリラは、業界最長を謳う57cmの施療範囲を実現したシートマッサージャー。首から肩、背、腰まで、幅広いポイントをマッサージできるという。

 本体サイズは、460×460×810mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は7kgと大きめだが、1人で持てないほどではない。

 マッサージの動きは、「もみ/たたき/さざなみ」を用意。「もみ」は、もみ玉が複雑に動きツボを押すようなモードで、「たたき」はもみ玉が振動するように動く。「さざなみ」は、もみとたたきを合わせたモードだ。これらの動きを組み合わせた自動コースは、3つ用意されている。

 もみ玉にはヒーターが内蔵されており、温めながらのマッサージも可能。座面にはバイブレーターを内蔵し、臀部を心地よくマッサージするという。

本体。ソファや椅子に掛けて使用する
背カバーを外した状態。もみ玉が見える。強めのマッサージにしたいときにカバーをはずす
背面に固定ベルトを備える。椅子に取り付けるときに使う
リモコン。「もみ/たたき/さざなみ」を自分で選ぶほか、これらを組み合わせた自動コースを3つ用意
サイドにリモコンポケットを備える
もみ玉にはヒーターを内蔵する

首から腰まで幅広くカバー! 本格マッサージチェアの動きが気持ちいい

 まずは、ソファに置いて使ってみた。自動コースで運転を開始すると、もみ玉が大きく動き肩甲骨や腰がグリグリ刺激される。施療範囲は広く、首の付け根から腰までしっかりマッサージできる。うぉぉ……そこそこ……と思わず声が出てくるほどだ。

 シートマッサージャーはこれまでに、ドリームファクトリーの「ドクターエアー」やオムロンの「シートマッサージャ」を使ったことがある。正直なところ、これらの製品はマッサージ機能は申し分ないのだが、施術範囲が狭いのが不満だった。もみ玉が腰あたりにあるため、肩をほぐしたいときは深く座ってもたれ掛からなくてはいけない。

 しかし、マイリラは自動でもみ玉が移動してくれるため、座っているだけで幅広い部分をマッサージしてくれる。同社のマッサージチェアの施術のような、本格的なマッサージの動きが取り入れられていると感じた。価格は4万円前後と、他社製品より高めだが、マッサージチェアを主力とするフジ医療器の本領が発揮されている製品だ。

施療範囲は上下57cm。もみ玉が肩部分にある状態
腰に当たる位置まで移動する
肩甲骨にまでもみ玉がきている
首の付け根もマッサージ。気持ちいい!

 施術後は、体がかなりスッキリする。最初はもみ玉が振動する「たたき」の必要性がわからず、「もみ」だけでいいやと思っていた。しかし、終わった後に体が軽くなる感じは「もみ」と「たたき」を同時に使ったときのほうが段違い。体のコリだけをほぐす、その場しのぎではなく、疲れを芯からとって体をラクにしてくれる施術といえるだろう。

 なお、マッサージの強さは背カバーを外した状態で使用するのが気持ちよかった。強めのマッサージが好きなので背カバーを外したが、刺激が強いと感じる人は背カバーを付けたままでも良いだろう。

自動コースの複雑な動きで体スッキリ

 自動コースは3つあるが、具体的な違いはわからなかった。いずれも「もみ/たたき/さざなみ」を組み合わせて複雑に動くが、強さは同じくらいで施療範囲も首の付根から腰までと一緒だ。取扱説明書や製品ページを見てみても、細かな違いが書かれていなかったので、その日の気分で使い分けてみた。

 なお、どのコースももみ玉ヒーターと座面バイブが不規則にONになる。ヒーターは気持ちよかったが、座面バイブは座面が振動するだけであまり心地よさを感じられなかった。いずれも手動で切り替えられるので、座面バイブは基本OFFにして使っていた。

自動コース1。青ランプが点灯する。ヒーターと座バイブは不規則にONになるが、手動でOFFできる
自動コース2。緑ランプが点灯
自動コース3。赤ランプが点灯

 このほか、「もみ/たたき」などを手動で設定して、自分好みのマッサージにする方法もあるがリモコンの操作が難しく、あまり使わなかった。もみやたたきはスピード調節可能で、もみ玉位置の上限を設定できるボタンなどもあるがこれがわかりにくい……。

 “今日は腰だけをマッサージしたい”など、ピンポイントの施術を望むときは、十字ボタンでもみ玉を腰の位置まで動かして。「もみ/たたき」をONにして使用した。

 シンプルに使うなら、普段は自動コースがオススメ。強弱などの設定はないが、自動コースがもっとも力強く、もみ玉が複雑に動くので体がスッキリすると感じた。特に疲れている部分があるときだけ、もみ玉の位置を手動で動かして施術した。

ピンポイントでマッサージしたいときは「もみ」のみをONにして、十字ボタンでもみ玉の位置を調節した
十字ボタンを押している間、もみ玉が移動する

椅子の幅に注意! 設置に向かない椅子もアリ

 なお、設置する椅子には向き不向きがある。今回は試しにリクライニングチェアにも置いてみた。しかし、自宅のリクライニングチェアは幅と奥行きが合わなかった。

 本体に奥行きがあるため、座面がどうしても浅くしか置けなくなる。設置するだけなら良いが、固定ベルトをしていても電源をONにすると本体が動くため、椅子からずれてしまう。ダイニングチェアでも同様に設置しづらかった。

 筆者の場合は、深く置けるソファが適していた。そのまま置きっぱなしにできるので、疲れて帰ってきてもすぐに使える。

リクライニングチェアに取り付けてみた。本体幅は46cmあるためギリギリ収まる感じ
高さがあるので不安定
奥行きもあり、座面が浅くしか置けない。運転させるとどんどんズレてくる
ソファに置くのが一番だった

 多少の不満点もあったが、マッサージ機能はさすがフジ医療器。これまで使ってきたシートマッサージャーの中で、終わった後の体のスッキリ感はダントツ。

 値段は張るが、本格的なマッサージを自宅で受けられるので、ぜひオススメしたい製品だ。

(西村 夢音)