ニュース

山善、腰痛をサポートする「マッスルスーツ」などを生産現場向けに販売

 山善は、腰痛対策商品「マッスルスーツ」と「ラクニエ」の取り扱いを開始し、工場などの生産現場向けに販売する。

 今回の製品導入の理由として、工場や物流、介護現場などで、腰痛の予防対策を積極的に推進することが課題になっていることを挙げている。今後、腰痛対策を通して、物流や生産現場の発展に貢献していくという。

腰痛対策商品「マッスルスーツ」

 「マッスルスーツ」は、イノフィスが開発・販売する腰補助用製品。背中やももに装着して、中腰で人や荷物などを持ち上げるときの動作を補助する。ナイロンメッシュとゴムチューブからなる人工筋肉に圧縮空気を送り込み、筋肉を収縮させることで持ち上げ時の腰への負担を1/3に軽減する。

 本体は、軽量で柔らかく、水中でも使用可能。収縮するだけの簡易構造なため、安全に使用できるという。人工筋肉は最大150kgの引張力を発生でき、介護や工場、物流、農作業など、あらゆる作業時に適しているという。

人工筋肉に空気を送り込んで重い物などを持ち上げるときの負担を減らす

前屈姿勢を楽にして、腰に負担をかけない「ラクニエ」

 「ラクニエ」は、モリタ宮田工業が開発・販売している腰部サポートウェア。介護や農作業など、前屈作業をするときに腰をサポートできるという。前屈に伴う背面の伸びを利用し、弾性材の張力を発生させることで、腰への負担を軽減する。

腰部サポートウェア「ラクニエ」

 従来の腰サポーターは、腹部を締め付け、筋肉の代わりに脊柱を支えていたため、動きづらさや、筋力の低下が課題だった。ラクニエでは、腰を曲げないときは弾性材は緩むため、筋肉の負担をやわらげ、本来の筋力の低下を防げるという。

弾性材の張力で腰を楽にする

(西村 夢音)