ニュース

食材を入れるだけで焼きそばが作れる“まかせて調理”搭載のヘルシオ

ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XP200

 シャープは、自動調理機能が豊富になった「ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XP200」を、7月24日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は17万円前後(税抜)。

 フライパンや鍋を使わずに料理が作れる「まかせて調理」機能を新搭載したオーブンレンジ。「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つのボタンを搭載し、食材を入れてボタンを押すだけで自動で加熱時間や温度を設定して調理する。

 異なる食材を入れられるため同時調理が可能で、「チキンステーキ&焼き野菜」や「タンドリーチキン&フライドポテト」、「焼きそば」などのメニューが作れる。

「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つのボタンを搭載した「まかせて調理」機能
「タンドリーチキン&フライドポテト」なども同時に調理できる

レシピブックを見なくても作れる簡単さを追求

シャープ 健康・環境システム事業本部 調理システム事業部長 久保 正史氏

 2004年から発売している同シリーズは、健康志向の高まりとともに日常的に使う人が増えている一方、使いこなせないという声もあるという。レシピブックは厚く、材料をすべて揃えないと作りにくいという意見も寄せられている。「まかせて調理」機能は、そういった声をもとに搭載された。

 シャープ 健康・環境システム事業本部 調理システム事業部長 久保 正史氏は、新モデルについて次のように語った。

 「AX-XP200では、これまでの“健康”や“美味しい”というコンセプトに加えて“○○いらず”を追加しています。レシピブックいらず、フライパンいらずなど、レンジ1つで簡単に作れる料理を目指し、まかせて調理機能を追加しました。手軽に毎日使っていただきたいです」

従来モデルは使いこなせないという声もあった
“○○いらず”をコンセプトに手軽さを追求

冷凍・冷蔵・常温の食材もまとめてムラなく焼き上げる

 まかせて調理機能は、冷凍・冷蔵・常温の食材を同時に入れても、均一に加熱できる機構を新搭載。従来のオーブン機能では、冷凍と常温の食材を同時に加熱すると、冷凍食材は生焼けになっていたり、常温のものはこげてしまっていた。しかし、まかせて調理で加熱した場合は、どちらも均一に焼き上げられるという。

従来のオーブン機能では、冷凍していた肉は生焼けに、常温の野菜はこげてしまう
まかせて調理では、どちらも均一に焼けている

 これは、過熱水蒸気を用いた「ウォーターヒート技術」に加え、新たに「赤外線ムーブセンサー」と「温度センサー」を採用したことで実現。

 ウォーターヒート技術では、温度帯の低い食材により熱を与えるため、冷凍・冷蔵・常温が一緒でもムラを抑えて焼くことができる。しかし、これだけではキレイな仕上がりが実現できなかった。そこで、食材の様子を見張る「赤外線ムーブセンサー」と「温度センサー」を搭載。

 赤外線ムーブセンサーは、天面に設置されたセンサーがスイングして庫内の食材の温度を細かくチェックする。温度の状態に合わせて過熱水蒸気の量を調節するため、均一でキレイな仕上がりになるという。

 温度センサーでは、庫内の温度の上がり具合から食品の量を判断する。このため、事前に食材の量を計測する手間がなくなったほか、加熱時間も自動で調節できるようになったという。

「ウォーターヒート技術」に加え、「赤外線ムーブセンサー」と「温度センサー」を新採用
温度帯の低い食品に多く熱を与える「ウォーターヒート技術」。焼きムラを抑えるが、キレイな仕上がりとまではいかなかった
新採用の「赤外線ムーブセンサー」で食材の温度を見張り、水蒸気量を調節する
温度センサーで食品量をチェックして、加熱時間を調整

 会場では、ホタテと有頭エビ(冷凍)、豚肉(冷蔵)、野菜(常温)を同時に加熱した「ミックスグリル」を調理する場面も。試食してみると、どれも均一に火が通っていて、美味しく食べることができた。

 レシピブックに掲載されている「焼きそば」は、豚肉(冷凍)、市販の焼きそば麺(冷蔵)、野菜(常温)をトレイに乗せることで調理可能。加熱後にソースや具材を絡めたら完成だという。センサーが加熱面を感知するため、食材は重ねた状態でもしっかり均一に仕上げられる。

 なお、まかせて調理専用のクックブックも用意するが、冷蔵庫にある食材だけでの調理も可能。肉や魚、野菜などを切ってトレイに並べるだけで、自動で温度や分量を把握し、ムラなく均一に焼きあげるという。味付けは、下味をつけるほか加熱後にソースを絡めたりなど、好みで調味料を加えていく。

 同機能で調理する場合にかかる時間は、およそ15〜25分だという。ミックスグリルは約25分で完成していた。

冷凍・冷蔵・常温の食材を使ってミックスグリルを調理
ホタテと有頭エビ(冷凍)、豚肉(冷蔵)、野菜(常温)を同時に加熱
試食したが、どれもキレイに焼けていて美味しく食べられた
焼きそばは食材を重ねて調理
料理が苦手でも簡単にできるという
まかせて調理専用のクックブック(左)

300℃に予熱できるハイパワー設定

 2種類の手動オーブン機能(熱風コンべクション/ウォーターオーブン)では、予熱時に300℃のハイパワー設定が可能になった。300℃までは約18分、200℃なら約4分で予熱温度に達するという。クリスピーピザなどもすばやく一気に加熱する。

 2段調理機能では、「焼き」と「蒸し」を同時にする「カンタンスイーツ」メニューを追加。上段でアップルケーキを焼きながら、下段でプリンが作れるという。

 本体サイズは490×430×420mmとコンパクトだが、庫内幅は約410mmとワイド庫内を実現。省スペース設計ながら、サンマも1尾をまるごと焼くことができる。重量は約25kg。総庫内容量は約30L。

予熱時に300℃まで設定可能
「焼き」と「蒸し」の同時調理できるスイーツメニューも追加
庫内はワイドだが、省スペースに設置できる

 オーブン温度は、100〜250℃、300℃で調節可能。発酵温度は30/35/40/45℃。レンジ出力は1,000/600/500/200W相当。定格消費電力は、レンジ使用時で1,460W、オーブンとグリル使用時は1,410W。

 付属品は、角皿(2枚)、調理網(2枚)、ミトン(1組)、取扱説明書兼クックブック、まかせて調理用クックブックを用意。本体カラーは、レッド系とホワイト系。

シニアが使いやすいモデルも発売

 下位機種として、庫内容量30Lで2段調理の「AX-SP200」、容量26Lで1段調理の「AX-MP200」、容量18Lで1段調理の「AX-CA200」の3機種をラインナップする。いずれもまかせて調理機能は搭載しない。

 価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に、13万円前後、10万円前後、67,000円前後(税抜)。本体カラーは、レッド系とホワイトの各2色。

 なお、「AX-MP200」はシニアが使いやすいようにと「デカ文字液晶」と「ナビゲーション表示」機能を備える。

庫内容量30Lで2段調理の「AX-SP200」
シニアが使いやすいように液晶の文字が大きい「AX-MP200」
容量18Lで1段調理の「AX-CA200」

(西村 夢音)