ニュース

東芝、2週間充電不要で睡眠や食事も記録できるリストバンド型活動量計

 東芝ヘルスケアは、スマートフォンと連携して「活動量・睡眠・食事」を記録するリストバンド型活動量計「WERAM1100」の予約受付を本日より、Amazon、Yahoo!ショッピングで開始し、8月20日より販売開始する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は12,500円前後(税抜)。

リストバンド型活動量計「WERAM1100」。左からブラック、ブルーグリーン、ライトグレー、スモークピンク
使用イメージ

 加速度センサーで測定した情報を分析し、歩数・移動距離・消費カロリーなどの「活動量」と睡眠時間・睡眠サイクルなどの「睡眠」を推定するリストバンド型活動量計。算出されたデータはBluetoothでスマートフォンへ転送し、無料でダウンロードできる専用アプリで確認できる。同アプリでは、食事の写真を記録することもできるため、同社では活動量・睡眠・食事をトータルで管理できるとしている。

 WERAM1100では、独自の信号処理技術により動作時の消費電力を最小限に抑え、2週間連続使用できる点が特徴。独自のアルゴリズムにより、活動状態、睡眠状態を自動で判定できるため、入眠時・起床時に手動で設定を切り替える必要がなく、24時間さりげなく活動を計測できるという。

 そのほか、本体では、朝食の時間や運動開始時間などの「ライフログ」を記録できるほか、ユーザーが設定した目標達成時や、アラーム時刻を知らせる「バイブレーション」機能も備える。

 充電方式は、専用アタッチメントによるUSB充電。

 本体重量は約27gで、長さは最大195mmで、一番短く固定した場合約140mm。バンドの厚さは約12mm、幅約19mm。本体カラーはブラック、ライトグレー、スモークピンク、ブルーグリーンの4色。また秋には交換用リストバンドの販売も予定している。気分に合わせて好きなカラーに交換できるという。

 同社では、今後、リストバンドをはじめとする多様なウエアラブル商品とクラウドを連携させ、ビッグデータを独自エンジンで分析した結果をユーザーにフィードバックするサービスを順次展開していく予定だという。

(阿部 夏子)