ニュース

ご飯の甘みをアップさせる「備長炭本丸鉄釜」の高級圧力IH炊飯器

 東芝ライフスタイルは、新しい内釜を採用した高級圧力IH炊飯器「真空圧力IH保温釜 RC-10/18VPH」を7月中旬より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5.5合炊きの10VPHが100,000円前後、1升炊きの18VPHが105,000円前後。

真空圧力IH保温釜 RC-10/18VPH パールホワイト
真空圧力IH保温釜 RC-10/18VPH グランレッド
鉄と備長炭を使用した内釜「備長炭本丸鉄釜」を採用し、熱をすばやく伝える

 高級モデルの圧力IH炊飯器。鉄と備長炭を使用した内釜「備長炭本丸鉄釜」を採用し、熱を素早く伝えてご飯をふっくらと炊き上げる点が特徴。これにより、ご飯の甘み成分が約11%増したという。

 同社によると、ご飯をおいしく炊く内釜のポイントは「大火力」「熱対流」「高温の熱伝導」の3つ。新製品では、内釜の素材に発熱効率の高い「鉄」を採用して大火力の熱をすばやく起こす。また熱伝導の良いアルミと一体成形したことで、その大火力を早く釜内に伝える。内釜の表面には、遠赤効果のある備長炭を含むコーティングを施し、蓄熱効果を高めた。

従来の釜よりも、すばやく加熱する

 内釜の形状は、丸みを帯びた形を従来モデルから継承した。開口部がすぼまっているため、内側に沿って大きく熱対流が起き、炊きムラを抑えるという。なお、プレス成型ではなく、1つずつ削り出して仕上げている。

鉄と備長炭を使用した内釜「備長炭本丸鉄釜」を採用し、熱をすばやく伝える

 従来に引き続き、米のうまみ成分を引き出すために、真空ポンプで減圧し、ひたし工程で米に十分に吸水させる「真空うまみ引き出し」機能を採用した。ほかに、米の種類や好みに合わせて圧力を制御する「圧力可変コントロール」機能も継続して採用する。

真空ポンプで減圧させて米の給水を早める
米に熱が十分に伝わり、おいしく炊けたことを示すカニ穴ができる

 RC-10VPHの本体サイズは270×360×229mm(幅×奥行き×高さ)。約6.5kg。消費電力は1,420W。カラーはパールホワイト、グランレッド。

 このほか、内釜に「鍛造かまど本丸釜」を採用した圧力IH炊飯器「RC-10/18VXH」を7月中旬より、「鍛造かまど銅釜」を採用した「RC-10/18VSH」を6月中旬より発売する。価格は全てオープンプライス。店頭予想価格は順に65,000円前後、68,000円前後、43,000円前後、46,000円前後。

RC-10/18VXH パールホワイト
RC-10/18VXH グランレッド
鍛造かまど本丸釜
RC-10/18VSH パールホワイト
RC-10/18VSH グランレッド
鍛造かまど銅釜

 圧力をかけない下位モデルとして、「鍛造かまど銅釜」を採用したIH炊飯器「RC-10/18VRH」も6月中旬より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に30,000円前後、33,000円前後。シルバーとグランレッド。

RC-10/18VRH シルバー
RC-10/18VRH グランレッド
RC-10/18VSHと同じ、鍛造かまど銅釜

(小林 樹)