ニュース

そばやパスタの生麺をわずか18分で作れる製麺機

我が家の麺職人 JYS-N6

 ラオックスは、家庭で簡単にパスタやそばが作れる「我が家の麺職人 JYS-N6」を12月20日より発売する。希望小売価格は24,780円。当初は直販サイトで販売し、その後は家電量販店での展開も予定している。

 パスタやうどん、そばを家庭で作れる製麺機。スクリューの1回転が手こね約6回に相当する独自の撹拌機能「圧力プッシュ」を採用し、水と粉が素早く混ざり、最短18分でコシのあるそばやうどん、パスタなどの麺が作れる点が特徴。好みで粉の種類を変えたり、水の代わりに野菜ジュースを加えて、「青汁麺」や「にんじん麺」などのオリジナル麺を作ることもできる。

水の代わりに青汁やアサイー、にんじんなどのジュースを混ぜてオリジナル麺も楽しめる

 使い方は、付属のアタッチメントを取り付けて、小麦粉と水などの食材を入れ、ボタンを押すだけ。自動撹拌が始まり、5分後にスクリューが逆回転して、麺を押し出す。この際、強い圧力をかけて押すため、麺にコシが生まれるという。同社では、「手間をかけずにコシのある本格派の麺を食べたい」というニーズに応えるとしている。

最短18分でコシのある生麺を作れるという
ラーメンやうどん、そば、スパゲティやペンネが作れる

 本体サイズは330×195×260mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は4.7kg。消費電力は200W。電源コードの長さは1.6m。カラーはホワイト。付属品としてフランジ、水と粉それぞれの計量カップ、5品目のレシピブック、掃除用のピンが同梱される。

 今後、ホームページにて専用レシピを順次公開していくという。

(小林 樹)