記事検索
最新ニュース

フィリップス、水と空気の圧力で歯間を洗浄する電動フロス

ソニッケアー エアーフロス HX8111

 フィリップスは、水と空気の圧力で歯と歯の間を洗浄する電動フロス「ソニッケアー エアーフロス HX8111」を3月初旬より発売する。価格はオープンプライス。市場想定価格は12,800円。

 エアーフロスは、加圧した空気の力でミクロの水滴を時速70kmで噴射する独自技術「マイクロバーストテクノロジー」を採用し、歯間に詰まった歯垢や食べカスを除去できる歯間ケア製品。歯ブラシだけで磨いた場合に比べ、最大約2倍の歯垢を除去できるうえ、歯肉炎の軽減や、歯茎の健康に繋がるとしている。また、空気と水だけで汚れを落とすため、歯や歯茎に優しいという。

本体、ノズル、充電器。バッテリーはリチウムイオン電池を搭載し、コードレスで使える 電源ボタン。ONにすると、黄緑色のランプが点灯する 加圧した空気の力でミクロの水滴を時速70kmで噴射する独自技術「マイクロバーストテクノロジー」を採用

 使用は1日1回、歯磨き後に使用することが推奨されている。使用法は、あらかじめ本体を充電し、水タンクにティースプーン2杯(約10ml)の水、もしくは「リステリン」などのマウスウォッシュ液を入れる。そして、ノズルを歯間に当て、本体の「起動ボタン」を押すと、水と空気が噴射される。口腔内の洗浄にかかる時間は約60秒。毎日習慣化して使えるよう、短時間で済むようにした。なお、ノズルには先が曲がったスリムな形状を採用し、奥歯の隙間まで届きやすく、誰にでも使いやすいという。

容量10mlの水タンク。1回の洗浄に必要な水は5mlと少量だ 充電器の差込口
時速70kmのミクロの水滴を噴射するノズル 正面から見たノズルの様子 一見ボタンには見えないが、親指で押している部分が「起動ボタン」だ
実際に記者も使用したところ、噴射力が強く、歯と歯の隙間を水しぶきが通り抜け、爽快感が味わえた。歯と歯の隙間がしっかり磨ける 奥歯の隙間まで届きやすいノズルなど、誰にでも使いやすいデザインを採用
動作音は「パシュッ、パシュッ」という独特な音。エアガンの発射音のようにも聞こえる

 エアーフロスの本体サイズは33×80×239mm(幅×奥行き×高さ)、本体重量は163g。うち、ノズルのサイズは14×95mm(奥行き× 高さ)、重量は3.1g。バッテリーはリチウムイオン電池。満充電にかかる時間は約24時間。満充電時、1日1回の洗浄で約2週間の連続使用が可能。充電 台とノズル1本が付属する。なお、電池の消耗を防ぐため、4分間操作がないと電源が切れるオートオフ機能も備える。

 なおノズルは水洗いによる手入れと、6カ月に一度の交換が推奨されている。替えノズルとして、2本セットの「HX8002/05」が用意される。価格はオープンプライス。市場想定価格は2,480円。


従来の歯間ケアに、難しさやわずらわしさを感じていた人向け

 同社では、エアーフロスを発表するにあたり、国内のオーラルケア市場を分析。それによれば、オーラルケアは大きく分けて、“口腔内全体のクリーニング”と“歯間部の洗浄”の2つに分かれるという。

 口腔内全体のクリーニングでは、歯ブラシを使ったブラッシングが主流で、このうち電動歯ブラシを使っている人は全体の20%、人口ベースでは約2,200万人だった。

 歯間部の洗浄では、糸ようじやデンタルフロス、歯間ブラシなどの専用器具を使っている人は43%で、人口ベースでは約4,700万人だったが、従来の歯間ケアに、難しさやわずらわしさを感じていた人も約82%と多かった。歯間ケアを試みても、習慣化できていない人は約1,900万人になるという。

 しかし、エアーフロスを試用した人のうち、約96%が週4回以上のペースで使い続けているという。

オーラルケアは、大きく分けて、口腔内全体のブラッシングと、歯間部の洗浄の2つ 歯間部洗浄器具を使用している人のうち、約1,900万人は習慣的に使えていない。エアーフロスはこの層に訴求していくという
エアーフロスは洗浄が短時間で済み、使いやすいため、歯間ケアを習慣化できた人が96%にのぼった エアーフロスの空気を加圧する方法や、モーターの仕組みなど、具体的な機構については明らかにされなかったが、26の特許(出願中を含む)技術に支えられているという






(小林 樹)

2012年2月23日 16:09