記事検索
最新ニュース

タカラトミーアーツ、駅構内でクロックマンiDを捜索する全国キャンペーン

〜第一発見者にはクロックマンiDをプレゼント
クロックマンiD

 タカラトミーアーツは、おしゃべりする時計「クロックマンiD」の発売を記念して、「クロックマン iD をさがせ! 全国横断キャンペーン」 を11月17日から全国で順次展開する。

 キャンペーンでは、全国各地の鉄道の駅構内に貼られた「クロックマン iD」のポスターを発見してtwitterでつぶやくと、自分が第一発見者だった場合、クロックマンiDがプレゼントされるという。

 クロックマンiDは、時刻の文字盤を持たず、おしゃべりをして時刻を知らせる時計。使っている人に合わせて、64通りに性格が変化する点が特徴。

twitterでクロックマンiDを捜索する全国キャンペーンを開催 表情を動かしながら子供の声でしゃべる

 キャンペーンは、クロックマン iDのポスターを発見したら、Twitter上で報告するだけで参加できる。その際つぶやきには、ハッシュタグ「#クロックマン○○(○○には、見つけた都道府県名)」、県名、駅名、ポスターに書かれたキーワードを書く。例えば、東京・品川駅で「ほめ上手で人情派」と書かれたクロックマン iDのポスターを見つけたら、「#クロックマン東京 品川駅 ほめ上手で人情派」とつぶやく。第一発見者には、追ってTwitterのダイレクトメールで当選通知が届くという。

 参加資格は、「Twitterのアカウントを所持している情報最先端な方」「思わず各都道府県の駅を探し回ってしまうアクティブな方」「自らの手となり、足となってくれるお友達が全国各地に数え切れないほどいる方」「クロックマンが好きな方(照)」としている。

 キャンペーンは、全国各都道府県を6つのブロックに分けて順次開催される。第1ブロックは、11月17日からの岩手県、奈良県、島根県、宮崎県と、11月22日から始まる神奈川県。

 第2ブロックは、11月24日から始まる青森県、新潟県、京都府、広島県、香川県、佐賀県と、11月29日からの茨城県、岐阜県。第3ブロック以降は、順次発表するという。

 なお、駅のヒントやキャンペーンの状況は、公式twitterアカウントやFacebookのキャンペーンページで随時配信していくとしている。






(小林 樹)

2011年11月16日 16:31