やじうまミニレビュー

サーモス「ステンレスポット THS-1500」

〜保温・保冷効果は抜群! 注ぎやすいステンレス魔法びん

サーモス「ステンレスポット THS-1500」

 我が家で3年間、ほぼ毎日使用している卓上ポットがある。サーモスの「ステンレスポット THS-1500」だ。とても気に入っていたが、表面の塗装が剥げてしまったので、同じ機種を買い換えることにした。

メーカー サーモス
製品名 ステンレスポット THS-1500
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 2,345円

オススメはコーヒー! 直接ドリップしておいしさを封じ込める

 ステンレスポットの容量は1.0L、1.5L、2.0Lの三種類。我が家が愛用しているのは1.5Lだ。本体サイズは190×125×245mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは800g。片手で注ぐことができるサイズと重さだ。

シンプルなデザイン。今回購入したのはステンレスブラック
口径はワイド。手を入れて洗える大きさだ
栓の役割を果たすフタは大きめ
フタは分解して洗うことができる
ゴムパッキンは2か所で使用しており、しっかり密閉できる

 我が家では、このポットをドリップコーヒーを保温するために使っている。コーヒーメーカーは色々試したが、この方法が一番手入れが楽で、おいしくコーヒーが淹れられる。狭いキッチンの中でコーヒーメーカーの置き場所を確保しなくて済む、ということも大きい。

 またコーヒーメーカーの細々した器具や部品の掃除をしなくてもよいということも、毎日使う上で重要だ。

 約7cmのワイドな口径なので、フタをはずして5人〜10人用のコーヒードリッパーを置いても安定している。ドリッパーを置いて直接ステンレスボトルにコーヒーをドリップすることができる。

 コーヒーの粉を入れて、粉が湿る程度にお湯を注ぎ、30秒ほど待ってから少しずつ注ぐ。一見面倒そうに見えるが、慣れてしまえば短時間でできる。淹れたてのコーヒーはそのまま保温できて、あたたかいコーヒーを夕方まで飲むことができる。

 何よりも手でドリップしたコーヒーはおいしい。熱湯でじっくりと蒸らしてから落とすコーヒーは、やはり格別だ。

ドリッパーで直接コーヒーを落とす
口径が大きいのでドリッパーは安定し、グラつかない
ワンタッチレバーなので、片手でコーヒーを注ぐことができる

 しかし、せっかくいれたコーヒーも、すぐにぬるくなってしまったら台無しだ。サーモスのステンレスポットで気に入っているのは、温かさを長時間キープしてくれるところである。

 保温効力を試すために、1.5Lの熱湯をいれて1時間ごとに計測した。結果は以下の通りだ。

ドリップ直後 95.8℃
1時間後 91.6℃
2時間後 88.6℃
3時間後 85.6℃
4時間後 83.4℃
5時間後 80.9℃
8時間後 75.4℃

 8時間後でもフタを開けると湯気が出るほどの保温力だ。

 コーヒーをドリップするときは熱湯をドリッパーに通すので、スタート時点ではいつも87℃前後のスタートとなるが、朝に熱い飲物を入れておけば、午前中まではアツアツ、夕方は温かい状態で飲むことができる。コーヒーメーカーの中には落とした後にコーヒーを加温するタイプがあるが、長時間加温し続けると香りが飛んでしまい、電気代もかかる。このように保温力の高いポットにいれておけば香りも飛ぶことがなく、テーブルにおいたままで、いつでも温かいまま保っておける。

1.5Lタイプはケータイマグ+マグカップ2〜3杯でちょうどいいサイズ

 朝に一日分のコーヒーまたはお茶を作っておけば、何度もお湯を沸かす必要はない。毎朝1.2L〜1.3Lほどコーヒーを作り、480mlのケータイマグにコーヒーを入れて私が会社に行く。残りは家で仕事をする旦那が大きめのマグカップに入れて2〜3回に分けて飲むと、夕方にはちょうどなくなるサイズだ。日中に一人でお茶を楽しむだけなら1Lタイプのでも十分だと思う。

 来客時であればテーブルに出したまま注ぐことができるので、おしゃべりに集中できるし、容器に水滴がつかないのでテーブルが濡れず、とても便利だ。

 夏はアイスコーヒーやアイスティー作りにもおすすめだ。口径がワイドなので大きな氷もそのまま入る。ステンレスポットに氷を入れて、同じようにコーヒーをドリップするだけで簡単に香りのよいアイスコーヒーが作れる。冷たさも長時間キープできるので、夏場も重宝している。

丸ごと洗えるので清潔

 フタは完全に分解できるので、細かいところまで洗える。ただ、分解と組み立ては少々面倒なので、バラして洗うのは数回に一度だ。我が家ではステンレスポットはコーヒー専用として使用しているが、コーヒーと兼用でお茶や紅茶などもいれるのであれば、ゴムパッキン周辺にニオイがつきやすいので、マメに洗ったほうがよいだろう。可能であれば、他メーカーにあるようなニオイうつりがしないような加工があって欲しい。

 ポットの内部を洗うのも簡単だ。フタポットの中にも手が入るので、手が小さめの女性なら内部の底までスポンジで洗うことができる。表面はステンレスなので、サッと拭くだけでもキレイになり、お手入れも簡単だ。

 今回、購入し直したのは、特に機能面で壊れたわけでなく、表面の塗装が剥げてしまったからだ。3年間、ほぼ毎日使用し続けたので仕方ないが、表面の塗装はもう少し剥げないよう工夫していただけると嬉しい。

THS-1500を購入するのはこれで2個目。左が前に使っていたクリアブラウン。我が家にはなくてはならないキッチングッズだ
3年間、ほぼ毎日使用したステンレスポットクリアブラウン。底の方の塗装が剥がれてしまった…
ステンレスブラックはオシャレなカップ&ソーサーと一緒に出しても違和感はない

 ステンレスブラックは塗装していないので、長く使えそう……という理由で選んだが、シンプルなステンレスの質感は気に入っている。どんなカップでも合うので、お客様が来たときにテーブルに出したまま、楽しいティータイムを演出できそうだ。

 他にも魔法瓶タイプのポットは色々販売されているが、高い保温力とスッキリしたデザイン、洗いやすさをトータルで考えると、サーモスのステンレスポットにいきつく。長年愛用しているサーモスのステンレスポットは、自信を持っておすすめできる製品だ。

(石井 和美)