ニュース

ダイキン、大阪・梅田に空気の快適性がわかるLED看板「大ぴちょんくん」を設置

 ダイキン工業は、空気の快適性がわかるLED看板「大ぴちょんくん」を、大阪・梅田のシログチビル屋上に設置することを発表した。現在、工事を進めており、点灯開始は3月16日夜。

大阪・梅田のシログチビル屋上に設置中の「大ぴちょんくん」

 大ぴちょんくんは、同社のキャラクター“ぴちょんくん”をあしらった巨大看板。幅11m、高さ13mの巨大なフルカラーLED看板で、温湿度などの情報をわかりやすく伝える。

 また、同社が開発した空気の快適性がわかる「ダイキン空気感インフォメーション」に基づき、梅田のその日の空気感を、ぴちょんくんが9色に変化して、色と擬音語で人々に伝えるという。

ぴちょんくんが9色に変化して、その日の梅田の空気感を伝える

 名称については、大阪の新たなシンボルとして愛される存在になってほしいという願いを込めて、大阪の「大」、社名であるダイキン工業の「ダイ」から決定したという。

 同社は、愛らしいぴちょんくんを通して、より多くの人に空気の情報に触れていただき、空気の大切さを伝えていきたいとしている。

東面(新御堂筋側)の「大ぴちょんくん」

(西村 夢音)