ニュース

東京ガス、受け付け中の電気料金メニュー「ずっとも電気」の値下げを発表

東京ガスが提供する「ずっともプラン」

 東京ガスは、4月の電力自由化に向けて、1月4日に申し込みを開始した「ずっともプラン」の電気料金メニューにおいて、一部値下げ・新設およびポイントサービスを拡充することを発表した。既に申し込んでいるユーザーも、今回の電気料金メニューが自動的に適用される。

 「ずっともプラン」は、ユーザーの生活スタイルやビジネスニーズに合わせて、ガス料金、電気料金、各種サービスの中から自由に選択し、組み合わせることができる総合的なプラン。ガスや電気、インターネットなどをまとめて契約することで、割引サービスが適用されお得になるという。

 改定の背景には、プラン発表後にユーザーから「他社のほうが安い」「料金をわかりやすくしてほしい」「ポイントのメニューを増やしてほしい」などの声があったことが挙げられている。

 今回改定されるのは、対象契約電流が30/40/50/60Aの家庭向け電気料金メニュー「ずっとも電気1」と、対象契約容量が6kVA以上で原則50kVA未満の、電気機器の使用が多い家庭や商店向けメニュー「ずっとも電気2」。改定内容は以下のとおり。なお、「ずっとも電気3」の料金は改定はされない。

「ずっとも電気1」改定料金
「ずっとも電気2」改定料金

 また、電気料金メニュー(付帯メニュー)も新設する。マンション共用部で電気を使用するユーザー向けに、電灯(ずっとも電気1・2)と動力(ずっとも電気3)の両方を契約した場合の、割引メニューが新設される。

 ポイントサービスも拡充し、毎月の電気料金1,000円につき、15ポイントのパッチョポイント(東京ガスが運営するウェブ会員サービス向けのポイント)を付与する。

(西村 夢音)