ニュース

フィリップス、光を照射してムダ毛を目立たなくする光美容器「ルメア」

光美容器「ルメア プレステージ SC2009/70」

 フィリップスは、除毛ケアができる光美容器「ルメア プレステージ SC2009/70」を、2月上旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は79,800円前後(税抜)。

 光を照射して肌を滑らかにする光美容器。カミソリなどで除毛した肌に光を当てて、毛穴の奥に残っている毛を除去する。使い続けるうちに毛が目立たなくなるという。ルメアの世界各国での累計出荷台数は130万台を突破しており、同社では光美容器などによるホームケアが定番化してきているとする。

 新モデルはランプの耐久性が向上し、光を照射できる回数がアップした。従来機(SC2008/72)では約14万回だった照射回数が、約25万回(全身ケア500回分)になり、長く使い続けられるという。照射時の痛みは少なく、やさしくケアすることができる。

 機能面では、ボタンを押したまま肌をすべらせるだけで連続照射できる「連続フラッシュ機能」を搭載。膝下なら約11分で手入れできるという。出力レベルは5段階で調節可能。肌や毛の色、敏感さに合わせて変えられる。

 本体は充電式で、コードレスで使用可能。バッテリーはリチウムイオン電池を採用。充電時間は約1時間40分。連続照射回数は約370回(フル充電時、出力レベル5の場合)。

 アタッチメントは、からだ用、顔用、ビキニエリア用の、3種類を付属する。からだ用は照射面積が広く、脚などの広い範囲を素早く手入れできる。顔用は、顔の細かい部分にもフィットする仕様。敏感な肌を配慮し、赤いフィルターを搭載する。ビキニエリア用は、太く頑固な毛質にも対応する。

 本体サイズは、70×150×220mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は538g。本体カラーはパールホワイト×ホワイト。

からだ用
顔用
ビキニエリア用

 下位機種として、コード式の「ルメア アドバンス SC1999/70」と「SC1993/70」の2機種も同時に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に、54,800円、44,800円前後(税抜)。

 いずれも照射回数は、約25万回(全身ケア500回分)を実現している。出力レベルは5段階で調節可能。アタッチメントは、SC1999/70には、からだ用、顔用、ビキニエリア用が付属。SC1993/70には、からだ用のみが付属する。

 本体サイズはいずれも、92×140×177mm(同)で、360g。消費電力は40W。カラーは、SC1999/70がシャンパンゴールド×ホワイト、SC1993/70がピーチパール×ホワイト。

コード式「SC1999/70」。からだ用、顔用、ビキニエリア用アタッチメントが付属
「SC1993/70」からだ用アタッチメントのみを用意

コンパクトで扱いやすい初心者向けの「ルメア エッセンシャル」

コンパクトボディの「ルメア エッセンシャル SC1984/70」

 また、コンパクトボディの「ルメア エッセンシャル SC1984/70」が新登場。2月中旬の発売で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は、34,800円前後(税抜)。

 わずか約206gのコンパクトなボディで扱いやすく、価格も手頃なことから、初心者向けのモデルだという。「連続フラッシュ機能」を搭載し、小型でもスムーズにケアが行なえる。体だけでなく、顔やビキニエリアにも使用可能。照射回数は約20万回。

 本体サイズは、79×129×47mm(同)で、206g。コード式で、消費電力は22W。カラーはピンク×ホワイト。

【訂正】
メーカーより予想価格の変更がありました。訂正させていただきます。

(田中 真紀子)