ニュース

パナソニック初のロボット掃除機、三角形の「RULO(ルーロ)」

 パナソニックは、三角形状のロボット掃除機「RULO(ルーロ) MC-RS1」を、3月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は10万円前後(税抜)。

「RULO(ルーロ)」ホワイト
ブラック

 独自の三角形状を採用したロボット掃除機。三角形の角が部屋の隅に入り込み、サイドブラシでゴミをかき取って、部屋の隅や壁際までしっかり掃除する。同社の調査によると、ロボット掃除機の使用者のうち約46%が、部屋の隅のゴミ取れに不安を持っているという。こうした不満点を解消することに着目し、掃除性能を高めた製品を開発した。

 製品名の「ルーロ」は、ドイツの機械工学者「フランツ・ルーロー」が開発した定幅図形「ルーローの三角形」を由来とする。正方形の中を回転できる「ルーローの三角形」の特性を活かし、狭い場所でもスムーズに方向転換できる。

部屋の隅まで入り込んでサイドブラシがゴミをかき取る

2本のV字ブラシとワイドな吸込口でゴミをしっかりキャッチ

使用イメージ

 センサーには、目に見えない微細なゴミまで検知する「ハウスダスト発見センサー」を搭載。ゴミの量に応じてパワー制御し、ゴミが多いときは走行スピードが変化したり、往復走行で掃除する。本体にはランプが備えられ、ハウスダストが多いと赤点滅、キレイになったら緑点灯で知らせる。

 集じん機能では、本体の両端にV字ブラシを2本搭載。幅180mmのワイドな吸込口を前方に配置し、サイドブラシで集めたゴミを吸い込み口の中央にかき入れる。フローリングの細塵を除去できる「マイナスイオンプレート」も搭載し、家庭用掃除機で培った技術も応用している。

 走行方式は、ゴミのたまりやすい部屋の隅や壁際を重点的に走る「ラウンド走行」と、部屋の内部を効率よく走る「ランダム走行」を採用。2つの走行を使い分けて、部屋全体を効率よく掃除する。走行システムには、壁との距離や障害物を認識する「赤外線センサー・超音波センサー」と、方向を認識するジャイロ制御が利用されている。

 機能面では、掃除したい場所から重点的に掃除をする「エリアメモリー」を搭載。あらかじめ記憶させた場所へ走行させることで、掃除をしたい場所から始められ生活空間に合わせた掃除ができる。このほか、落下防止センサーや、約20mmまでの段差乗り越え機能も備える。

本体前面に幅180mmのワイドな吸込口を配置。ゴミをしっかり吸い取る
重点的な掃除をする「ラウンド走行」と部屋全体を掃除する「ランダム走行」を組み合わせて走る
掃除したい場所から始められる「エリアメモリー」機能

 運転モードは「自動/念入り/スポット/エリアメモリー」の4つ。

 本体サイズは、330×325×92mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約3.0kg。充電時間は約3時間。連続使用可能時間は約60分。バッテリーはリチウムイオン電池。電池寿命は、繰り返し放充電で1,500回。消費電力は約33W。本体カラーはホワイトとブラック。

(西村 夢音)