ニュース

エレクトロラックス、最長60分の連続運転ができるコードレススティッククリーナー

 エレクトロラックスは、最長60分の連続運転ができるコードレススティッククリーナー「ergopower plus(エルゴパワー・プラス) ZB5012P」を4月下旬より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は44,800円前後。

エルゴパワー ZB5012P
本体正面
正面には容量が書かれたリチウムイオンバッテリーが配置されている
本体側面
本体背面
充電台

 充電式のコードレススティッククリーナー。リビングなどに出しっ放しにして使える高いデザイン性が特徴のスティッククリーナー「エルゴラピード」の最新モデルで、バッテリー容量を大幅に向上している点が特徴。

 従来のエルゴラピードは、モーター搭載部を取り外してハンディクリーナーとしても使える「2in1」構造だったが、エルゴパワーではその機能を省略して、容量25.2Vの大型リチウムイオンバッテリーを搭載。従来最長30分だった連続運転時間は60分に延長している。バッテリーの繰り返し充電回数は約500回で、充電時間は約4時間。バッテリー部分は本体から取り外し可能で、交換することもできる。

 本体性能も優れている。ゴミを取り除く性能を示す国際規格「ダストピックアップ率」は98%で、これはスティッククリーナーのみならず、コード付きの掃除機に比べても高い数字だという。

リチウムイオンバッテリーは本体から取り外しできる
最長連続運転時間は約60分
ダストピックアップ率は98%を誇る

 運転モードはノーマル、パワー、ブースターの3段階で、最大連続使用時間は順に60分、26分、17分。集じん容量は0.8L。

 使い勝手の面では、同シリーズとしては初めて自立式を採用。本体を立てた状態で、置いておくことができる。また、エルゴラピードの上位モデル「エルゴラピード・プラス・ブラシクリーン ZB2941」に搭載されているブラシクリーン機能も備える。掃除終了後にヘッド部のスイッチを踏むだけで、ヘッド内のカッターがブラシに巻き付いた髪の毛などのゴミをカット、手を汚すことなくブラシの手入れができるという。

使用イメージ
ヘッド部
ヘッド部にはLEDライトが搭載されており、使用時には点灯する
ブラシ部分
ヘッド上部にはブラシクリーン機能のスイッチが備えられており、掃除終了後には足を使ってスイッチを押す
ブラシ内部に備えられているカッターがブラシに絡まった髪の毛などをカットする

 本体サイズは260×160×1,090mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は3kg。

 会場には、エレクトロラックス本社のデザイン部門で副社長を務める楠目靖(くすめ やすし)氏が登場。エルゴパワーのデザインについて「従来のエルゴラピードよりも男性らしいデザインを採用した」という。「従来のエルゴラピードは女性らしいデザインやカラーを採用していたが、エルゴパワーはその性能やパワーをわかりやすく伝えるために、バッテリーの性能が一目でわかる男性らしいデザインを採用している」と語った。

デザイン部門で副社長を務める楠目靖(くすめ やすし)氏
従来のエルゴラピードよりも男性らしいデザインを採用したという

 また、同製品は既にヨーロッパで発売されているが、今回日本に投入するに当たって、本体カラーを変更。従来は濃いブルーだったが、今回は薄いブルー「ポーラー ブルー」を採用している。これは「色は、各国の文化や風習によって感じ方の差があるので、それぞれの国に合わせて色を選んでいる」という。

(阿部 夏子)