ニュース

タカラトミー、手回し発電で室内でも飛ばせる凧「ホームカイト」

タカラトミー「ホームカイト」

 タカラトミーは、手回し発電によって室内でも飛ばせる凧「ホームカイト」を2013年2月28日より発売する。希望小売価格は2,940円。

 室内専用の凧。通常の凧が屋外の風で飛ぶのに対し、「ホームカイト」は手回し発電によって凧のプロペラを回して飛ぶ点が特徴。コントローラーにモーターを内蔵し、付属のハンドルを回して発電する。凧本体とコントローラーを繋ぐたこ糸部は細い電線で、凧本体に発電した電気を送る。手回し発電を止めると凧は落ちる。バランスを保ちながら、凧をより高く綺麗に飛行させることを、スポーツ感覚で楽しめるという。

 遊び方は、身体から凧を離し、コントローラーのハンドルをゆっくりと回し始め、凧を宙に浮かせる。その後、ハンドルの回転数を上げ、高度を調整する。凧をあげる距離は最大1.5mで、約1分間飛ばすことができる。

手回しで発電する
発電した電気は凧紐の電線を通って凧に届き、プロペラの力で飛ぶ

 同社では、凧遊びは短い時間に身体を動かし、集中力を駆使するため、気分転換ができるとしている。時間や場所を選ばず子どもから大人まで幅広い年齢層が楽しめるという。

洋凧をモチーフとしたデザイン。カラーはドラゴンブルー、フェニックオレンジ、フレイムレッド、ミリタリーグリーンの4色

 本体のデザインは洋凧をモチーフとした。サイズは340×50×180mm(幅×奥行き×高さ)で、本体重量は121g。凧本体の素材はスチレンボードで、室内でも安心して飛ばせるという。紐の長さは約600mm。カラーはドラゴンブルー、フェニックオレンジ、フレイムレッド、ミリタリーグリーン。

(小林 樹)