記事検索
最新ニュース

三菱、3社体制の照明事業を1社に統合

〜オスラムとの合弁関係は解消へ
三菱電機オスラムのLED電球「PARATHOM(パラトン) 810lm」

 三菱電機は、同グループ内の照明事業を、10月1日より従来の3社体制から1社に再編すると発表した。

 三菱グループの照明事業は、これまでランプや蛍光灯の製造を担当してきたオスラム・メルコ社、ランプや蛍光灯の販売を担当する三菱電機オスラム社、照明器具の製造・販売を担当する三菱電機照明社の3社体制で展開されていた。しかし、照明のLED化が加速し、ランプと照明器具の一体化が進むことに対応するため、これを1社に統合する。

 今回の再編により、独オスラム社との合弁関係は解消されるが、緊密な連携で製造・販売する体制は維持していくという。オスラム・メルコ社は1988年に、三菱電機オスラム社は1989年に、いずれも三菱電機の照明事業拡大のため、独オスラム社との合弁会社として設立された。

 三菱電機では今季の再編について、LED照明事業を社会の節電・省エネに貢献する中核事業の1つに位置づけており、同グループ内の開発・製造・販売面での連携を高め、事業を強化していくという。具体的には、ランプから器具まで一貫して扱うことによる市場ニーズ対応力と営業力、開発力の強化を挙げている。

 なお、統合後の新会社の詳細は、今後具体的に詰めていくとしている。






(小林 樹)

2012年4月16日 15:03