記事検索
最新ニュース

三菱オスラム、電球色で“業界トップ”の全光束を謳うLED電球

〜「Ra90」の高い演色性。調光器にも対応
「PARATHOM(パラトン) 一般電球形」。左が電球色の「12.0W」、右が昼光色の「11.2W」

 三菱電機オスラムは、電球色で“業界トップ”の全光束を謳うLED電球「PARATHOM(パラトン) 一般電球形」を、4月21日に発売した。電球色の「12.0W LDA12L-H/D」と、昼光色の「11.2W LDA11D-H/D」が用意される。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,500〜5,000円前後。

 E26口金のLED電球で、両製品とも光の総量を表す数値「全光束」が810ルーメン(lm)と高い点が特徴。全光束では白熱電球60W相当の明るさ、電球下方の床面・机上面は白熱電球100W形相当の明るさを実現しているという。同社では電球色タイプの全光束について、日本電球工業会加盟のメーカーにおける、60W形と同等の電球色LED電球の中で“業界トップ”としている。

 消費電力は電球色タイプで12W、昼光色タイプで11.2W。100W形白熱電球と比べた場合、約86%の消費電力削減になるという。また、100W形白熱電球から電球色のパラトンに交換することで、年間の電気代は約5,148円安くなるという(年間3,000時間使用した場合)。

 電球色は演色性も優れており、物の色をどれだけ忠実に再現するかの指標値「平均演色評価数」は「Ra90」と高い。さらに、赤色の演色性を評価する「特殊演色評価数R9」についても、80という高い数値となっている。同社ではこの高い演色性の理由として、独自の白色LEDパッケージに加え、赤色LEDパッケージを搭載したことを指摘している。なお、昼光色の平均演色評価数はRa70。

 このほか、調光器にも対応する。定格寿命は白熱電球の40倍となる40,000時間。

【パラトン 一般電球形のスペック表】
製品名 型番
光色 本体サイズ 重量 定格
消費電力
全光束 定格
寿命
平均演色
評価数
一般電球形
12W
LDA12L-H/D E26 電球色
(2,700K)
62×125mm
(直径×高さ)
200g 12W 810
lm
40,000
時間
Ra90
一般電球形
11.2W
LDA12D-H/D 昼光色
(6,500K)
11.2W Ra70

 同社ではパラトンシリーズの用途として、一般家庭のリビングのほか、ホテルのロビーやホール、アパレル、食料品店、レストランなどでの利用を勧めている。

 なお三菱電機オスラムでは、2011年3月末に一般白熱電球の製造を中止している。

 

100W形白熱電球と交換した場合の電気代と寿命の比較 白熱電球・電球形蛍光灯とのサイズ比較
パラトンは3月の「ライティングフェア2011」で参考出品された。写真は当時のブースのようす





(正藤 慶一)

2011年4月22日 11:33