記事検索
最新ニュース

フォースメディア、一酸化炭素を検知する警報機「ストーブの見張り番」

ストーブ見張り番

 フォースメディアは、一般住宅向けの一酸化炭素警報機「ストーブの見張り番 JF-EDC01」を、11月11日に発売した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,980円。

 ストーブなどの燃焼系暖房器具が不完全燃焼を起こした際に発生する気体「一酸化炭素」を検知する警報機。一酸化炭素は人体に吸引された場合、少量でも命の危険があるとされる。

 本製品には、電子化学反応式の一酸化炭素センサーを備えており、室内の一酸化炭素の濃度が一定の値を超えた場合、警報音と赤色LEDの光で警報を発する。これにより、一酸化炭素中毒を未然に防ぐという。警報音は3mの距離で85dB。


パッケージ

 本体サイズは125×35mm(直径×高さ)で、重量は約140g。電源は単三アルカリ乾電池が3本。動作時間の目安は約4年で、電池残量が少なくなった場合は、黄色LEDが点滅しアラーム音が鳴る。付属品として、取り付け用ネジが2本、ネジを固定するためのアンカープラグが2本、動作確認用の単三アルカリ乾電池3本が同梱される。







(正藤 慶一)

2011年11月11日 14:15