記事検索
最新ニュース

バルミューダ、消費電力が3Wになった扇風機「Green Fan2」

Green Fan2

 バルミューダは、弱運転時の消費電力が3Wの扇風機「Green Fan2(グリーンファン)」を発売した。希望小売価格は34,800円。

 内側と外側の二重構造になった独自のファンを採用した扇風機。外側と内側でそれぞれ違う風を作りだすことで、風が集中することなく、自然の“そよ風”のような風を再現するという。同社では、この風の技術を「グリーンファンテクノロジー」としている。中間ポールを付け替えることで、フロア用と卓上用の2通りに対応する。

内側と外側の二重構造になったファンを採用する 従来の扇風機の風は、空気を切り取ったような風が送られるため、人工的に感じられるという Green Fanでは、内側の風量が弱いため、負圧が発生。外側の風が引きつけられぶつかることで、風がそよ風のように広がるという

 新モデルの「Green Fan2」では、従来のコンセプトはそのままに、省エネ性や運転音、使い勝手を改良している。

ポールを付け替えることで、フロア用と卓上用の2種類の使い方に対応する 卓上用。高さは467mm フロア用。高さは867mm

 省エネ性では、DCブラシレス・デジタルモーターを新たに採用。これにより、弱運転時の消費電力を従来の4Wから3Wに低減、最大でも17Wまで抑えた。また、DCブラシレス・デジタルモーターでは、回転数を抑えた超低回転運転が可能なため、ファンスピードを抑えた運転が可能。これにより、従来よりさらに「優しい風」を再現できるという。

 また、新開発のサイレントモーター採用により、弱運転時の動作音を約13dBとした。人間の耳にはほとんど聞こえない程の静音運転ながら、約10m先まで風を届けることができるという。

 使い勝手の面では、新たにリモコンを装備した。リモコンでは、本体の電源や風量調節などの操作のほか、首振りの角度を決められる「スマートターン機能」、本体インジゲーターの灯りを完全消灯する「インジゲーター消灯モード」など、リモコンでのみ操作可能なモードを搭載した。

 本体の操作部は、ヘッド上部に設置。高い位置で操作できるので、腰をかがめる必要がなくなったとする。

本体付属のリモコン 本体の操作部はヘッドの上部に備える

 運転モードは4段階の風量調整機能と、1/2/3/4時間の切タイマー機能、左右の首振り機能などを備える。

 本体サイズは330×320×867mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.8kg。卓上用の時の本体高さは467mm。電源コードの長さは2.5m。




(阿部 夏子)

2011年4月1日 14:42