記事検索
最新ニュース

パナソニック、新規格「L形口金」採用の直管形LEDライト

〜蛍光灯と同じ明るさで40%省エネ
EVERLEDS 直管形LEDランプ搭載ベースライト

 パナソニック電工は、直管形蛍光灯と同じ明るさで約40%の省エネに成功したLEDベースライト「EVERLEDS(エバーレッズ) 直管形LEDランプ搭載ベースライト」80品種を、12月24日より順次発売する。希望小売価格は、1灯用器具が29,925円から63,000円、2灯用器具が49,875円から111,325円。

 オフィスや店舗、工場などの天井に搭載される業務用の照明器具で、光源にLEDを採用することで、蛍光灯並みの明るさを演出しながら、省エネ性能を高めた点が特徴。従来の蛍光灯器具「FLR40形」と比較した場合、約40%の省エネになるという。また、定格寿命も12,000時間から40,000時間に伸びている。

 明るさでは、蛍光灯40形器具と同等の明るさを確保したとしている。全光束は、日本電球工業会の規格の2,300lmを上回る2,400lm。反射板や高効率の光拡散膜を採用するなどで、床面と壁面への光の広がりを確保している。また、もの本来の色の再現度を表わす平均演色評価数も、規格のRa80を上回るRa84となっている。さらに、高密度実装形のLEDユニットを採用することで、グレア(不快な明るさ)や色温度のバラツキを軽減し、ツブツブ感を抑えた均一なライン光が実現されているという。

 このほか、ランプ部には劣化が少なく透過性の高いガラス管を採用。初回使用時の余分な明るさを補正し、一定の明るさを保つ「初期照度補正機能」も搭載されている。

今回発売される「直管形LEDランプ搭載ベースライト」。光源にLEDを採用する ガラス管のカットモデル。写真中央の黄色い線の中に、LEDが搭載されている 口金には新規格の「L字口金」を採用
蛍光灯のベースライトと比較したスペック表。器具は同じ63台、ほど同じ明るさながら、消費電力は約40%となっている。寿命も約3.3倍延びている 配光もほぼ同等という
反射板と光拡散技術を採用することで、ワイドな配光を実現しているという。また、演色性も高い LEDは高密度実装形のパッケージを採用。ツブツブ感のない均一な光を放つ 初回使用時の余分な明るさを補正する「初期照度補正機能」も搭載

 口金には、日本電球工業会の規格に準拠した「L形口金(L16口金)」を採用。L形口金専用の照明器具に挿入し、回転して固定するため、振動による落下が防げる構造になっている。また、給電用の口金が片側に2本搭載された「片側給電方式」のため、蛍光灯のように他方の口金に触れて感電する恐れもないという。

 なお本製品は、直管形の蛍光灯で一般的な口金「G13」との互換性はない。G13口金の埋込形照明器具に使用する場合には、電気工事が別途必要になる。同社では2011年1月に、安定器やソケット、リード線などがセットになった「交換ユニット」、既設の器具を残したままでリニューアルできるリニューアル用ユニット「クイックアップ」も発売する。

口金には、新規格の「L形口金」を採用 電源は片側給電方式を採用。ランプ挿入時に接地側の口金を触っても、感電の恐れがないという 照明器具に回転して固定するため、振動による落下の恐れがないという
従来のG13口金との互換性はなく、電気工事が別途必要になる 今回展開する約80種類のラインナップ
EVERLEDSの直管形LEDランプ搭載ベースライト 従来モデルの蛍光灯


なぜ従来の蛍光灯と互換性のない「L形口金」を採用したか

パナソニック電工の照明事業本部 吉村元氏

 パナソニック電工の照明事業本部 吉村元氏は、今回、日本電球工業会の新しい規格に準拠したベースライトを投入した理由について、従来のままでは安全・性能面での問題があったことを述べた。

 「G13口金にも取り付けられる直管形LEDランプは、市場では一部で流通しているが、安全面、性能面での課題が指摘されてきた。安全面では、蛍光灯器具への誤挿入による過熱・発火や、ランプ交換の感電の恐れ、性能面では、光束と光学的性能で既存器具と蛍光灯の組み合わせに及ばない。また、長寿命のリニューアルしても、既存器具の内部が劣化することにより、器具トータルの寿命が延びるわけではないという寿命の問題があった」

 吉村氏はそのうえで、今回発売するEVERLEDSのベースライトについて「既存の器具との組み合わせを上回る仕様。光の出力を高めると演色性が落ちるとされるが、本製品はRa84と高い。ツブツブ感のない、均一なライン光も実現できている」と評価。2010年のEVERLEDSシリーズの販売計画は230億円だが、以降の計画を上方修正し、2015年までには国内外を合わせて1,200億円に設定した。

G13口金に設置できる直管形LEDランプもあったが、性能面、安全面で問題があったという 日本電球工業会による、LED直管形ランプの規格。今回発売するEVERLEDSのLEDベースライトではすべてクリアしている


“世界に誇れる新品質”を実現するために、3つのステージを設定

パナソニック電工 電材マーケティング本部 野浦高義本部長

 電材マーケティング本部の野浦高義本部長も、LED照明が予想以上の成長を遂げている点を指摘。「省エネ機運の後押しを受けて、LED照明は成長を見せており、LED照明の固有エネルギーの消費効率向上で、普及は予想以上。2010年度には普及率10%を超え、いよいよボリュームゾーンの展開に入ることになる」とした。そのうえで、今回発売するベースライトについて「当社従来のLEDベースライトと比べても半値以下の価格設定。トータル80品番の品揃えで、ボリュームゾーンに一気に展開していく」と語った。

 また、パナソニックのLED照明の展開構想について、身近な照明で高品質を目指す「スタンダードステージ」、先進技術と合わせて明かりの価値を高める「アドバンスステージ」、世界の先を行く新技術を実現する「フューチャーステージ」の3つのステージで、商品開発をしていくと発表。今回発表したベースライトはスタンダードステージの代表的商品に当たるという。野浦氏は「この3つのステージで、世界に誇れる新品質を目指し、LEDのあらたなスタンダードを築いていく」と宣言した。

LED照明は予想以上の成長を遂げているという パナソニック電工は、「スタンダードステージ」「アドバンスステージ」「フューチャーステージ」の3つのステージで商品を開発していく
パナソニック電工のLEDの導入事例。国会図書館にも採用されているという
2011年竣工予定の「東京スカイツリー」や、高速道路の橋のライトアップなど、大型の施設にも導入されている




(正藤 慶一)

2010年11月8日 18:53