記事検索
最新ニュース

タニタ、SDカードで測定値を保存する“世界初”の体組成計

〜パソコン上で体重や体脂肪率のグラフ表示も可

SDカードのスロットを搭載した“世界初”の体組成計


 タニタは、測定値をSDメモリーカードに保存して、パソコン上でグラフ表示できる体組成計「インナースキャン」を、4月に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、50g単位で測れるBC-309が18,000円前後、100g単位のBC-569が13,000円前後。

タニタの体組成計「インナースキャン50 BC-309」 左が「BC-569」

 体重をはじめ、体脂肪率や体内年齢なども測定できる体組成計で、SDメモリーカードに測定値を自動で保存する“業界初”の機能が特徴。保存したデータは、付属のアプリケーションソフトを使ってパソコンに取り込み、時系列順にグラフ化することで、健康管理に活用することができるという。データ保存形式はCSVで、32MBのメモリーカードでは、5人が1人1回測定した場合、80年分まで保存できるという。

SDメモリーカードを本体内に入れたまま測定する。乗るだけで自動で電源がON、しかも自動判別してくれる 測定データはSDメモリーカード内に保存されている。パソコンでグラフを見る場合は、本体内からSDメモリーカードを取り出し…… パソコンのSDカードスロットへ入れる
専用ソフトウェアで体重の変遷を確認しているところ。閲覧ソフトは本体に同梱のSDカードからインストールする 測定したほとんどのデータをグラフ表示できる。写真は推定骨量 マウスポインタをグラフの上に置くと、より詳細なデータが見られる
棒グラフだけでなく、折れ線グラフでも確認できる 数値だけの一覧表示も可能 目標体重も設定できる

 また、体重や体の電気抵抗データを基にして、測定者を登録された中から自動で判別する自動認識機能も搭載。一般的な体組成計のように、測定前に登録ボタンを押さずに、そのまま乗るだけで計測できる。さらに、本体に乗るだけで電源が入るステップオン機能も備えている。

 BC-309では、女性向けの機能として、ホルモンバランスの変化を基に、ダイエットに適した時期を知らせる「女性ダイエットモード」も用意されている。BC-569では搭載されない。

 このほか、操作部には静電式のタッチホイールを採用。個人データの登録や計測後の体組成データの確認時に使用する。また、体組成データの表示順番も好みに応じてカスタマイズできる。

測定者を自動で判別する認識機能を搭載。そのため、一般的な体組成計で採用されている登録ボタンは省かれている 操作部はiPodのようなタッチホイールを採用。初回の個人データ登録時の操作が簡単になった

 BC-309の本体サイズは320×291×37mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約2.5kg。最大計量は150kg。表示は0〜100kgまでが50g単位、100〜150kgが100g単位。本体カラーはパールホワイト。同梱されるSDメモリーカードの容量は64MB。

 BC-569は327×330×36mm(同)で、重量は約1.5kg。最大計量は150kgで、表示は0〜100kgまでが100g単位、100〜150kgが200g単位。SDメモリーカードの容量は32MB。カラーはグリーン。

 このほかの仕様はBC-309/569ともに共通。測定項目は体重/体脂肪率/筋肉量/内臓脂肪レベル/基礎代謝量/体内年齢/推定骨量/体水分率/BMI(体格指数)の9項目。登録人数は5人まで。電源は単三アルカリ乾電池4本。データ閲覧用のアプリケーションソフトが保存された32MBのSDメモリーカードが付属する。

ちなみにこちらは百貨店向けに販売されるブラックの「BC-308」。機能はバックライトが付いている以外はBC-309と同じ 同じく百貨店向けの「BC-567」。こちらもバックライト付きで、SDカードスロット付近のカラーがシャンパンゴールどとなる

【お詫びと訂正】初出時、「BC-308」と「BC-567」を量販店向けの商品とする記述がありましたが、正しくは百貨店向けモデルです。訂正してお詫びさせていただきます。

20〜30代の女性向け機種も

女性向けの体組成計「インナースキャン BC-750」。約900gと軽いため、写真のように片手で持てる
 女性向けの体組成計「インナースキャン BC-750」も、4月1日に発売する。希望小売価格は10,500円。

 20〜30代の女性向けに販売される体組成計で、クッションのように丸みを帯びた形状の本体、葉っぱのようなボタンや電極部など、女性の使用を意識したデザインが特徴となっている。本体カラーはローズピンク/サクラピンク/シトラスグリーン/コットンホワイト/ウッドブラウンの5色。

 機能面では、BC-309/569でも搭載されている、女性ダイエットモード、自動認識機能、ステップオン機能を備える。

 本体サイズは226×266×34mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約900kg。最大計量は150kg。表示は0〜100kgまでが100g単位で、100〜150kgが200g単位。測定項目は体重/体脂肪率/筋肉量/内臓脂肪レベル/基礎代謝量/体内年齢/推定骨量/体水分率/BMI(体格指数)の9項目。登録人数は2人まで。電源は単三マンガン乾電池4本。

カラーは5種類で、写真はコットンホワイト。なお、店頭では透明パッケージに入った状態で販売されるとのこと シトラスグリーン ウッドブラウン
ローズピンク サクラピンク。ピンクが2種類用意されるのも女性向けモデルらしい

横倍の現状を打破するための商品

タニタ ベストウエイト事業部 内田利典部長
 発表会に出席したタニタのベストウエイト事業部 内田利典部長は、体組成計など高機能のヘルスメーター市場について「競争の激化により、横倍状態が続いている」と分析。そのうえで、今回投入する新しい体組成計を「この状況を打破するための商品。新たな流通チャネルを開拓したい」と評価した。


(正藤 慶一)

2010年2月24日 18:09