やじうまミニレビュー

シリコーン製なのに安っぽくない便利なグラス「shupua」

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
信越ポリマー「shupua」

 子供の頃、毎日使う、お気に入りのコップ(グラス)を落として割ったときの悲しさは相当なものだった。もうそんな思いはしたくない! そこで、落としても割れないグラスを買うことにした。

 今回購入したのは、信越ポリマーのグラス「shupua(シュプア)」。シリコーン製なので、落としても割れない。クリア、クリアブルー、クリアグリーンの3色があるが、今回はクリアを2個買った。なお、同じシリーズで、イエローやグリーンなど計11種類のカラーバリエーションが用意されているコップもある。

メーカー名 信越ポリマー
製品名 shupua
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 2,376円

 shupuaの特徴は、柔らかいシリコーンでできていること。グラスのフチの部分は特に柔らかく、手でギュッと握ると簡単にへこむ。透明度が高く、重厚感があり、遠目に見ると高級なグラスに見える。

ギュッと力を入れて握るとへこむ
思っていたよりも透明度が高い。グラスの後ろに置いたパッケージの「shupua」の文字がくっきり見える

 1週間ほど毎日、shupuaでお茶やコーヒー、炭酸飲料や水などを飲んでみた。筆者は猫舌、かつ猫手なので、お茶やコーヒーなどの熱い飲み物は、冷めるまで飲むことはおろか、熱が伝わるグラスだと持ち手が付いていても持てない。

 でもshupuaなら、アツアツのお茶でも持てる(熱くない)! 愛用しているホーロー製のカップだと、冷めても持てなくて飲めないが、shupuaだと手に持って冷ましながら飲むことができた。

 透明度が高いので、冷たい炭酸飲料は気泡が、氷水では氷がよく見える。中身を丸い氷を入れたハイボールにすれば、缶のまま飲むよりも気分も高まりより美味しく飲めるだろう。

今回は熱いお茶や炭酸飲料、氷水を入れてみた。熱いお茶でも、グラスを手に持って冷ましながら飲めた
フチを細くできるので、口の狭い容器への移し替えも簡単だ

 普通、こんな使い方はしないが、shupuaに入れたお茶を、shupuaのフチを細くへこませて、口の狭い容器に移し替えてみた。とてもスムーズに移し替えることができた。注ぎ口の広いケトルでも試してみたが、満タンになるまでにかなりこぼした。

 なんといっても、落としても割れないのが一番の魅力。子供がふざけて投げても、割れたガラスの処理をしなくて良い。インドア、アウトドアにかかわらず、家族連れでパーティーをする人は、楽しい雰囲気を壊さずに済むのでオススメだ。

(中野 信二)

Amazonで購入