記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

アテックス「ルルド ジェラートシート AX-HL30」

〜塩のチカラでひんやり! 冷やさずに使える冷感シート
by 池田 園子


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


アテックス「ルルド ジェラートシート AX-HL30」

 私はエアコンを使わない派だ。もともとエアコンの風が好きではないし、冷えすぎるのもイヤだし、外に出たくなくなるし、体力がなくなるしなどという、いくつもの理由がある。夏の暑い時期は、扇風機を使っている。風力を強めにし、身体全体に風が当たるようにしておけば、全体的には涼しくなる。ただ、局所的にひんやりさせることで、もっと快適になるのではないかと思う。

 そんな中、私の「身体の一部を冷やしておきたい」という願望を叶えてくれる、とっておきのアイテムを発見した。それがアテックスの「ルルド ジェラートシート AX-HL30」だ。乙女なランチョンマットのような見た目だけれども、大きめの冷感シートなのだ。柄はレースのような、繊細でかわいらしいデザインになっている。色はピーチとミントの2種類。アイスクリームを連想させる、とにかくスイートな丸い箱に入った姿は、贈り物にもぴったりだ。


メーカー アテックス
製品名 ルルド ジェラートシート AX-HL30
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 直販サイト
購入価格 1,480円


gelato sheetという名前が乙女すぎて萌え! レースっぽい柄で女子力アップ
アイスの箱のような製品パッケージ。このままギフトとしても使えそうだ こんなキュートなボックスに入っているのがたまらん

 しかし、華奢な見た目にだまされてはいけない。ルックスだけでなく、中身もステキなのだ。なんと冷蔵庫などで冷やさなくても、そのままでひんやりしている。触ると冷たく感じるのは、中に“塩ジェル”が入っているため。実は塩には熱を吸収する効果があるという。

 室温28℃、湿度70%の環境で、ルルドを使って測定したところ、約マイナス2℃の体温冷却効果があったという。電気を使わずに冷感が得られるのは、節電の観点から見ても嬉しい。

 さっそく使ってみよう。ジェラートシートは、冷蔵庫で冷やしたり、電源につなぐ必要がなく、箱から取り出してすぐ使える。デスクで作業をするときに脚の上に置いたり、逆にお尻の下に敷いて座ったり、椅子の背に置いてもたれてみたりと、使い方は自由自在。350×350×10mm(幅×奥行き×高さ)とサイズもほどよいので、部屋の中でも持ち運びしやすい。

 そんなわけで私は常に、このコを連れ回している。ローテーブルで食事するときには伸ばした脚の上へ置いたり、デスクで仕事をするときには椅子の上へ敷いたりと、とにかく大活躍。確かにひんやりとは感じるけれど、冷たすぎないのがいい。冷やすタイプの冷却シートは、肌に触れていると「凍るんじゃないか?」と思うくらい過剰に冷たいものが多い。しかしルルドは冷やしすぎない“やさしい冷たさ”が魅力。肌に直接長時間触れていても、刺激はまったくない。

椅子の上に置いてこの上に座るときもちいい 座るとひんやり感が伝わってくる 座って膝の上に置いてひんやり
枕の上に置いておやすみなさい

 寝るときも一緒だ。夏は何も着ずに(いわゆる「裸族」)で寝ているのだけれど、それでも熱帯夜でどうしようもないときはある。そんなときにルルドは背中に敷いたり、枕の上に置いたり、お腹の上に載せたり……とあらゆるところで活躍してくれる。寝苦しい夜はなくなった。

 ジェラートシートを20分くらい使うと、シートに自分の体温がすっかり移っている。最初のひんやり感はなくなり、熱っぽい塊になっているのだ。火照った体温をどれだけ吸収してくれているのだろうかと驚く。とはいっても、冷たさがなくなってしまうわけではない。身体にシートをくっつけている限り、ずっと冷感は感じられる。

 使った後も指でシートをほぐしたり、お湯につけたりなど、面倒な手間をかけなくていいのはありがたい。

 これまでも確かに冷却シートのたぐいはあったけれども、大半は中身がジェル状になっているものだった。それらに共通していたのは、長時間の使用はできない、冷蔵する必要がある、シートから原料が漏れたときに危険など、意外と問題が多かった。それに比べてジェラートシートは、長時間使用できる(半永久的に使える)、冷凍しなくていい、中身も安全というように、とにかくいいことづくめ! それでいてお値段は1,480円とお手頃なので、会社に1つ、家に1つと常備しておくといいかも。

 まだまだ夏は続くので、夏生まれの友達へのプレゼントにも最適だ。エアコンいらずでお肌も乾燥しないし、持ち運びも楽々だなんて、なんて素晴らしいアイテムなのだろうか。猛暑をセンスよく、そしてエコに過ごそうではないか。





2012年 7月 2日   00:00