記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

バニーイヤー「豆腐一丁」

〜豆腐にそっくりの付箋紙は普通に便利
by 正藤 慶一


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


バニーイヤー「豆腐一丁」

 今やオフィスの備品として欠かせなくなったのが、ポスト・イットに代表される糊付き付箋紙だ。メモを書くだけでなく、それをチョイっと貼り付けられるのが便利で、電話メモやリマインダーとして使っている人は多いはずだ。

 そこで今回は、一風変わった付箋紙を紹介しよう。それが、バニーイヤーの「豆腐一丁」だ。

 



メーカー バニーイヤー
シリーズ名 豆腐一丁
製品名 もめん(小) 絹ごし(大) 五線紙
購入店舗 Amazon.co.jp
購入価格 493円 598円 598円

 付箋紙を紹介するのに、何で豆腐なの? と思う方もいるかもしれないが、これは正真正銘の付箋紙。重ねた付箋紙を豆腐に見立てて、いかにもそれらしくパッケージングしたものなのだ。

 豆腐一丁にはいくつかの製品があるが、今回選んだのは「もめん(小)」「絹ごし(大)」、そして音符を書きこんで楽譜にする「五線紙」の3製品。いずれのパッケージも実際の豆腐のようなデザインで、白くタテ線の入ったビニールの容器に、豆腐のような白い付箋紙が入っている。試しにスーパーで買った豆腐を隣に置くと、凝視すれば判別できるが、パッと見では区別が付きにくい。

絹ごしの豆腐を買って並べてみた。よく見れば紙だと気づくが、パッと見だと区別が付きにくい 容器には本物の豆腐と同様、タテ線が入っている。こだわりの跡が見られる

 豆腐へのこだわりは、パッケージ表面の謳い文句や注意書きにも見られる。「糊付きふせん紙100%」という言葉があるが、これは豆腐でよく「にがり100%使用」などと書かれているもののモジリだろう。また、「※遺伝子組換え大豆は一切使用していません」「原材料名:紙、のり」「賞味期限:食べられません」「不要冷蔵」といった、人を食ったような表記もある。ついニヤッとして、紙なんだから当たり前だろ! とツッコミを入れたくなってしまう。

パッケージ表面も、いかにも豆腐らしいデザイン。注意書きや謳い文句もそれっぽいことが書かれている 「ふせん紙100%」「不要冷蔵」などの表記があるが、よくよく考えれば付箋紙なので当たり前だ

 ケースから取り出すと、中には豆腐サイズの付箋紙が出てくる。「もめん(小)」は全250枚で、面積は64mm四方と小さいが、表面にわずかな凹凸のエンボス加工が施されており、紙はやや厚め。一般的な豆腐よりも、なんとなく高野豆腐を連想してしまう。一方、全320枚の「絹ごし(大)」は、表面がサラっとした薄めの紙を使用している。紙質だけでも、豆腐っぽさにこだわった細かな配慮が感じられる。

 ちなみに「五線紙」は楽譜に使用する5本の線が3段用意されている。これだけ“豆腐感”は弱い印象だ。

こちらはもめん(小)。高野豆腐のようにも見える 絹ごし(大)はサイズ感が豆腐っぽいが、糊付けされている片サイドがやや盛り上がっている

 実際に、「もめん(小)」「絹ごし(大)」から付箋を引き剥がし使用してみたが、いわゆるフツーの付箋だ。さすがにここでは豆腐感は感じられないが、糊はしっかりしていながらも簡単に剥がせるので、どちらも問題なく使える。どちらかというと「もめん(小)」の方が紙が厚いぶん、書きやすく、貼りつけた後もしっかりしているかもしれない。

 一方で五線紙は、音楽の仕事をしていない私には残念ながら無用の長物となってしまった。しかし、この五線紙タイプの付箋は検索してみると意外と少ない。ボーカロイドなどDTMを嗜む人などは、ふと浮かんだメロディを書き留めておく際に便利だろう。

絹ごし(大)を付箋として使用したところ。まったく普通に付箋として使える どちらかというと、もめん(小)の方が気に入っている。コンパクトである点と、紙が厚めで書きやすい点が特徴だ 五線紙には紙に既にラインが入っており、そこに音符などを書きこんでメロディが作れる。裏面は真っ白

 意外と便利だったのが、豆腐のパッケージだ。捨てずに置いておけば付箋紙ケースとしても使える。また、パッケージ表面のビニールは、付箋のように簡単に付けたり剥がしたりできる糊が付いているので、フタとして使用できる。机で飲み物をこぼす悪癖がある私だが、これなら付箋を被害から守ることができる。

 さらに、パッケージを机に置いておくことで、「あれ、なんで豆腐なんか置いてるの?」「実は……」といった掛け合いもできる。幼稚かもしれないが、ただの付箋で笑いが起きるのであれば、仕事のちょっとした息抜きになるだろう。実際にコレで1人を引っ掛けたが、騙した側も騙された側もつい笑顔になってしまった。誰も傷つけない、微笑ましい嘘が味わえるのだ。

意外と便利なのが、表面のビニールパッケージ。貼ったり剥がせる糊が付いているので、使わない際は封ができる。飲み物をこぼしたときには便利だ オフィスのデスクに“豆腐”が置かれているのはおかしな光景だが、ちょっとした笑いは取れる。電話応対の際のメモとしても普通に便利だ

 言ってしまえば単なるジョークグッズではあるが、付箋としてまったく問題なく、むしろ便利に使える点は評価したい。冗談が通じる会社に務めている方の備品としてお勧めしたい。



 


2011年 10月 21日   00:00