記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

大作商事「ハンドプレッソ」

〜場所を取らず簡単にエスプレッソができる
by 伊藤 大地


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです



大作商事「ハンドプレッソ」

 スターバックスやタリーズの流行で、日本人にも一気に馴染みのある存在となったエスプレッソ。コーヒーの香りをギュッと凝縮した独特の味を、家庭でも楽しみたいと思う人は多いことだろう。しかし、本格的なエスプレッソマシンは高価だし、置き場所も取る。なかなか導入に二の足を踏んでいる人も多いだろう。そんな人に強く勧めたいのが、大作商事の「ハンドプレッソ」である。


メーカー 大作商事
製品名 ハンドプレッソ
希望小売価格 14,000円
購入場所 直販サイト
購入価格 同額

 その名の通り、手動式のエスプレッソマシーンなのだが、とにかくコンパクト。ポンプと水を貯める部分からなるシンプルな構成で、構造的には自転車の空気入れを小さくしたようなものだ。コーヒー豆は汎用のポッドを使う。

 抽出する手順は簡単。

 【1】手動ポンプで約40回ピストンさせ、気圧メーターの針が緑のゾーンになるまで続ける

 【2】キャップを外して、沸かしたお湯を注ぐ

 【3】カフェポッドをセットし、キャップを締める

 【4】減圧ボタンを押して抽出する

【1】 まずはポンプで加圧し(上)、気圧計が緑になったら準備完了(下) 【2】 熱湯をタンク内に入れる

【3】 カフェポッドをセットし(上)、キャップを締める(下) 【4】 減圧ボタンを押せば抽出開始

 たったこれだけ、と言いたいところなのだが、(1)がけっこう大変。初めのうちは、なかなか気圧メーターが上がらない。結局、60回くらいかかっただろうか。なんかおかしい、そう思って説明書を読んでみると、「しっかり奥までポンプを押し込んでください」とある。その点に意識して作業すると、40回もかからず、緑のゲージまで行った。

 あとは(3)の作業を経て、(4)カップを下に添えて、減圧ボタンを押すだけ。プシューという音ともに勢いよくエスプレッソが抽出される。

 肝心の仕上がりなのだがこれがまったくもって素晴らしい。我が家にも結婚祝いでもらったデロンギのエスプレッソメーカーがあり、たまに嗜むが、まったく味に差は感じない。黄金のクレマが表面を覆い、独特の濃い香りがやわらかに漂う。

みっちりクレマ(泡)が乗って美味しそう 色がわかるように今回は透明のグラスに入れてみた

 そのまま飲んでも美味しいし、イタリア風にミルクと砂糖を入れてもよし。バニラアイスを入れて「アフォガード」にするのもエスプレッソならではの楽しみ方もあるだろう。

 ポンプに空気を充填する作業が多少面倒なので、3杯、4杯作るのには向かない。逆に1杯、2杯くらいなら十分対応できる。キッチンの引き出しに入ってしまうサイズと、電源が要らないという魅力は、何にも代え難い。決して安価な製品ではないが、手軽にエスプレッソを楽しむグッズとして、広く推薦できる商品だ。




2009525日   00:00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.