ニュース

パナソニック、お米をさらに“おどらせて”甘みとハリがアップした高級炊飯器「Wおどり炊き」

 パナソニックは、水分量に応じて加圧・減圧する「圧力コントロール」を採用したスチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き SR-SPX6シリーズ」を、6月1日に発売する。5.5合炊きの「SR-SPX106」と、1升炊きの「SR-SPX106」の2機種で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に11万円前後、11万5,000円前後(税抜)。

「Wおどり炊き SR-SPX6シリーズ」ルージュブラック
スノークリスタルホワイト

 同社の最上位モデルにあたるIH炊飯器。釜底と底側面のIHコイルの通電を高速で切り替えて熱対流を起こす「大火力おどり炊き」と、加圧・減圧を繰り返してお米を釜底から対流させる「可変圧力おどり炊き」で、お米一粒一粒に均一に熱を伝える「Wおどり炊き」機能が特徴。

 新モデルでは、「Wおどり炊き」をさらに進化させ、炊飯中の水分量に合わせて加圧・減圧を調整する「圧力コントロール」を採用した。従来モデル「SR-SPX105(2015年モデル)」では、炊飯中の水分量が少なくなる沸騰維持工程の後半に減圧すると、米同士の摩擦で大きく粒が崩れてしまうため、おどらせていなかった。

 新開発の「圧力コントロール」では、沸騰維持工程後半にゆっくりと減圧でき、粒表面を崩すことなくお米をおどらせることを可能にした。これにより、お米をふんわりと立ち上がらせ、余分な水分を飛ばしてごはん表面のベタつきを低減したハリのあるお米が炊ける。また、従来よりも長くお米がおどることで、おどりの総パワーがアップ。甘みが約10%アップしたという。

水分量に合わせて加圧・減圧を調整する「圧力コントロール」を採用

 新コースとして、「赤飯」と「おこわ」を用意。もち米と白米を混ぜた場合でも、それぞれに適した火加減で炊きあげることを可能にした。これまではざる上げなど下準備の時間が必要だったが、専用コースを搭載したことにより、炊飯時間を約40%短縮。「赤飯」は約46分、「おこわ」は約48〜58分で炊けるという。

 また、IHスチームの温度をそれぞれ220℃と150℃に高めた。もちもちした弾力感がアップし、蒸したような食感を実現している。

「赤飯」と「おこわ」コースを新たに用意

 このほか、内釜を強化し、ダイヤモンド微粒子入り内側内面トップコートの膜厚を2倍にした「ダイヤモンドプレミアムコート」を採用。硬度の高いダイヤモンド微粒子を増量することで耐摩耗性を向上し、従来モデルの3年保証から5年保証に延長した。

 5.5合炊きの「SR-SPX106」の本体サイズは、266×338×233mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は6.9kg。炊飯時の消費電力は1,210W。本体カラーはルージュブラックとスノークリスタルホワイト。

(西村 夢音)