ニュース

タニタ、火災警報器よりも大音量を発生させる、ホイッスル搭載の“歩数計”

タニタ「歩イッスル(ホイッスル) FB-738」。イエローとブラックの2色をラインナップ

 タニタは、防災用緊急笛一体型の3D(3軸加速度)センサーを搭載した歩数計、「歩イッスル(ホイッスル) FB-738」を4月1日に発売する。価格は3,000円(税抜)。

 普段は歩数計として使用しながら、緊急時にはホイッスルとしても使える。搭載ホイッスルは、子どもや女性、高齢者などの弱い息でも、住宅用火災警報器よりも大きい100dB以上の音を出して携帯者の位置を知らせられるという。

3軸の加速度センサーを搭載した歩数計として活用できる
本体の先端には、2種類の音を同時発生させるホイッスルを搭載

 また、雑音の中でも周囲に聞こえやすいように、高さの違う2種類の音を同時に発生させる。電気式のブザーと異なり、電池切れや電気的な故障の心配ないのも利点だ。

99,999歩までの歩数の計測に対応

 本体サイズは、81×14.5×34mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約28g。初期設定なしで使用でき、99,999歩までの計測が可能。

 同社によれば、生活者の防災意識の高まりに対応し、シンプルな機能の歩数計に、災害時の避難や救出、脱出に役立つ防災用の緊急笛を搭載させたという。

(河原塚 英信)