ニュース

象印、銀イオン(Ag+)配合で清潔性に配慮した食器乾燥機2種

 象印マホービンは、銀イオン(Ag+)配合で清潔性に配慮した食器乾燥機2種を発売する。省スペースの食器量5人分、たて型タイプの「EY-GB50」と、食器量6人分、大きくふたが開くドーム型タイプの「EY-SB60」の2機種で、発売日は順に3月11日、3月21日。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は共に20,000円前後(税抜)。

省スペースの食器量5人分、たて型タイプの「EY-GB50」
食器量6人分、大きくふたが開くドーム型タイプの「EY-SB60」

 水洗いした後の食器を温風で乾燥させる食器乾燥機。水ぬめりやカビが発生しやすい排水ホースと水受けに銀イオン(Ag+)を配合したことで、さらに清潔で使いやすくなったという。

 たて型の「EY-GB50」は、奥行き55cmの省スペースタイプながら、食器量5人分、24cmの大皿も収容可能。夏場の電気代を節約する「送風仕上げ55分コース」を搭載するほか、本体扉前のスペースも有効活用する「スライド式扉」を採用する。

 本体サイズは440×310×540mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は5.5kg。消費電力は265W。吹き出し口温度は80℃。本体カラーはグレー。

 ドーム型の「EY-SB60」は、食器かごに食器が残っていてもお手入れしやすい機構や、食器かごの左右向きを変えてセットできる仕組みを採用。耐熱温度が低いプラスチックの容器なども安心して乾かせる「ソフト乾燥コース」も備えるほか、箸受けにもAg+抗菌加工を施す。

 本体サイズは520×415×410mm(同)で、重量は6kg。消費電力は330W。吹き出し口温度は80℃。本体カラーはステンレスグレー。

(阿部 夏子)