ニュース

オムロン、いつでも肩コリを解消できるコードレス低周波治療器

 オムロン ヘルスケアは、温熱と微弱な電気でコリや痛みを緩和する「温熱低周波治療器」を、2月15日に発売する。最大周波数108Hzの「HV-F320」と、1,200Hzでより強いコリや痛みを緩和する「HV-F311」の2機種で価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に、14,800円前後、16,800円前後(税抜)。

「温熱低周波治療器」HV-F320
HV-F311

 約41℃の温熱と微弱な電気による低周波で、筋肉のコリや痛みを緩和する低周波治療器。充電式でコードレスで使えるため、オフィスや旅行先などにも持ち運びやすいという。

 メインターゲットを、30〜40歳代の働く女性としており、女性の体の悩みで多い「首と肩のコリ」や「冷え」にアプローチした製品としている。

体のコリには、温熱とマッサージが効率的

明治国際医療大学 鍼灸学部 臨床鍼灸学講座 教授 伊藤 和憲氏

 明治国際医療大学 鍼灸学部 臨床鍼灸学講座 教授 伊藤 和憲氏は、痛みに対する効率的な治療法について以下のように述べた。

 「一般的に、体のコリや痛みを和らげるときに、ストレッチやマッサージによる機械的刺激と、入浴やカイロなどの温めによる温熱刺激の2つの方法が有効的です。ストレッチや温めなどは自分でできれば良いのですが、億劫になりがちで、なかなか続けられません。そこで、低周波で機械的刺激を、温めることで温熱刺激を与えられる『温熱低周波治療器』を使うことで、効果的にケアできます」

女性は体に関して「首と肩のコリ」や「冷え」の悩みが多いという
低周波と温熱で効率よく体の悩みを解消する

 治療コースは、温熱と低周波治療を交互にする「温治療」と、低周波のみの「低周波」の2種類を搭載する。

 低周波の電気刺激は、「たたく/おす/もむ」の3つの動きを用意。これらの動きを組み合わせた「部位選択モード」も備え、「肩/腕/腰/ふくらはぎ/足裏/関節」のそれぞれの治療に効果的なプログラムを選択できる。低周波は20段階で強さを調整可能。

 本体サイズは、103×103×29mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約190g。充電時間は約5時間。連続使用可能回数は約4回(1回30分使用の場合)。本体カラーはブラウンとピンクの2色。収納ケースが付属する。

温熱治療で温めているときはオレンジ色に点灯する
低周波治療時は刺激の強さを調整できる
9つの運転モードから設定可能
片手で持てるサイズ
2つのパッドは両面に貼り付けられる
収納ケースが付属する

1,200Hzの周波数で深部を刺激する「HV-F311」

 「HV-F311」は、より強いコリに対応する最大周波数1,200Hzのモデル。「温治療」と「低周波」コースのほか、15分じっくり温めてから15分低周波で治療する「温治療Pro」と、1,200Hzの高い周波数で深いコリを和らげる「深部モード」を搭載する。

 本体サイズは、165×71×30.5mm(同)で、重量は約220g。充電時間は約5時間。連続使用可能回数は約4回(1回30分使用の場合)。本体カラーはホワイト。

最大周波数1,200Hzの「HV-F311」
深いコリを和らげる「深部モード」を搭載

(西村 夢音)