ニュース

三菱レイヨン、取っ手をなくして冷蔵庫に収まりやすいポット型浄水器

 三菱レイヨン・クリンスイは、冷蔵庫のドアポケットに収納しやすい「ポット型浄水器」を、1月22日に発売する。浄水部容量1.5Lの「CP405-WT」と、2.2Lの「CP407-WT」の2製品で、価格はオープンプライス。店頭予想価格はいずれも、3,000円前後(税込)。

ポット型浄水器「CP405-WT」
「CP407-WT」

 スリムデザインのポット型浄水器。独自の中空糸膜フィルターを搭載しており、赤サビや雑菌などを除去する。業界トップクラスの浄水性能を持つという。

 新モデルでは、取っ手をなくしたスリムデザインを採用。“使い勝手のいい”製品をテーマに、水を多く使う料理シーンでの使用を想定し、大・中容量ながら冷蔵庫のドアポケットに収まるようにした。一般家庭で多く使われているサイズの冷蔵庫を対象に、ドアポケットの奥行きや高さを調査し、冷蔵庫使用の実態を考慮した収納性を実現したという。

 このほか、フタはワンプッシュで開閉できるフラップ式を採用。フタを外さずに給水・注水できるスムーズな使用感を実現している。リザーバータンクは取り外し可能で、パーツごとに丸洗いできるため、清潔に使えるという。

取っ手をなくしたスリムデザインで、冷蔵庫のドアポケットに収納しやすい
フタはフラップ式で給水・注水が簡単だという
リザーバータンクは取り外しでき、パーツごとに丸洗い可能

 いずれも浄水カートリッジが1個付属する。カートリッジの交換時期の目安は約3カ月(1日2L使用の場合)。カートリッジを交換する際は、「CPC5W(2個入り)」(税込3,500円)を購入する。

 本体サイズは、CP405-WTが105×158×280mm(幅×奥行き×高さ)で、CP407-WTが105×193×280mm(同)。

(西村 夢音)