ニュース

ソフトバンク、東京電力との業務提携による「ソフトバンクでんき」を4月1日よりスタート

 ソフトバンクは、東京電力との業務提携による「ソフトバンクでんき」を4月1日よりスタートすることを発表した。「スタンダード(S/L/X)」「バリュープラン」「プレミアムプラン」の3種類で、東京電力エリアに加え、中部電力エリア、関西電力エリアにもサービスを提供する。また、今後は順次全国へ拡大していく。

東京電力との業務提携によりスタートする「ソフトバンクでんき」

 「ソフトバンクでんき」は、ソフトバンク携帯電話または「SoftBank 光」などの固定通信サービスを利用しているユーザー向けのプラン。ソフトバンクが提供する通信サービスと、電気料金の合算支払いが可能。東京電力との提携を通じて提供するプランでは、でんき料金に応じてTポイントが1,000円につき5ポイント付与される。

 申し込み受付は1月28日に、サービス提供エリアのソフトバンク携帯電話取扱店および「ソフトバンクでんき」特設サイトでスタートする。

 また、ソフトバンクでは、再生可能エネルギーの普及・拡大を目指し、太陽光発電所や風力発電所の建設・運営を推進。今後は、再生可能エネルギーに由来する電力を希望する「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」も提供。詳細については、決まり次第、順次公開する。

 「ソフトバンクでんき」は、1月28日よりソフトバンクが提供する「おうち割」の対象サービスとなる。

 例えば、一戸建てに住んでいる3人世帯の場合、これまで従量電灯B(40A)で月間の平均電気使用量392kWhの家庭が「ソフトバンクでんき」の「バリュープラン」に変えた場合、電気料金の割引額、「おうち割」適用に伴う割引額、Tポイント付与数の合計で年間約8,920円相当おトクになる。

「おうち割」モデルケース

 そのほか、自宅のネット環境、スマートフォン、電気を組み合わせることでさらにお得になるプランや、特典として、「水のトラブル」「カギのトラブル」「ガラスのトラブル」の発生時に、出張料・作業料無料でかけつける「おうちレスキュー」を提供するなどのサービスも用意される。

 具体的なプランは以下の通り。

スタンダードS/L/X

 「スタンダードSプラン」は、アンペアブレーカ契約で、60Aまでのプラン。

 「スタンダードLプラン」は、ユーザーが取り付けたブレーカーによる契約。月々の電気使用量が6kVA以上のプラン。

 「スタンダードXプラン」は、スマートメーターによって計測された30分ごとの使用電力量を使って、過去1年の使用実績から基本料金を決定するプラン。

 単身世帯、あるいは夫婦共働き世帯などで、現在の電気料金が6,500〜8,000円の場合は「スタンダードS」プランが適当となる。

バリュープラン

 東京電力とのアライアンスにより、実現したプラン。電力量料金が300kWhまで定額、300kWhを超えると割安になる単価設定で、使用量の多い人向け。実際の電力使用量が300kWhに満たない場合も、使わなかった電力量に応じてTポイントあるいは、ソフトバンクの携帯電話で使用可能なデータ量で還元される。

 3〜4人家族で、月々の電気代が8,000〜16,000円の世帯向けのプラン。

プレミアムプラン

 電力量料金が400kWhまで定額、400kWhを超えると割安になる単価設定で、使用量の多いユーザー向けのプラン。

 二世帯住宅や三世代同居など大家族で、月々の電気代が1万6,000円以上の家庭に適している。

FITでんきプラン

 ソフトバンクのオリジナルプラン。「FIT電気(再生可能エネルギー)」を活用した電力を希望する人向けに提供される。詳細については、今後順次公開する。

(阿部 夏子)