ニュース

ご飯とおかずを同時調理する炊飯器「タクック」に女性向けモデル

 タイガー魔法瓶は、ごはんとおかずを同時に調理できる3合炊き小容量タイプの炊飯器「マイコンジャー 炊きたて tacook(タクック) JAJ-A551」を1月21日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は11,800円前後。

JAJ-A551 シンプルホワイト、ブロッサムピンク、パッションピンク

 タクックは、ごはんを炊きながらおかずを加熱調理できる小型炊飯器。使い方は、米を入れた鍋と、おかず用の食材を入れたクッキングプレートを本体にセットして、「白米」の炊飯ボタンを押す。すると、炊飯中の蒸気を利用しておかずを加熱し、ごはんとおかずが同時に出来上がる。

 これまで、「みんなのタクック」と「おとなのタクック」を発売しており、今回「わたしのタクック」として働く女性をターゲットにしたJAJ-A551を発売する。同社によると、タクックシリーズは今回で完成としている。

 カラーは、若い女性の一人暮らしを楽しくコーディネートする楽しいクッキングツールとして、シンプルホワイト、ブロッサムピンク、パッションピンクの3色を用意する。

 JAJ-A551では、従来のごはんとおかずが同時にできるメニューに加え、スープとおかずが同時にできるメニューや、健康志向の高い働く女性向けの「抗疲労食」メニューを掲載した「クックブック」を付属する。

レンズ豆のミネストローネやマグロのオイル蒸しなど新たなメニューが加わった
メニューリストや操作部を隠すパネルカバーを採用

 さらに、外観がスッキリする「パネルカバー」を採用。「ひとり暮らしのワンルームの空間にもすっきりとけこむインテリアツール」をコンセプトにデザインしたという。パネルを開くと、メニューリストと操作部が触れるようになる。

 本体サイズは219×273×191mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約3kg。最大消費電力は375W。年間消費電力量は41.6kWh/年。

(中野 信二)