記事検索
最新ニュース

パナソニック、LED照明を使った可視光通信システムを開発

〜ナガシマスパーランド「ポケモンアドベンチャーキャンプ」で公開

 パナソニックグループは、可視光通信機能付きのLED照明器具と専用通信モジュールを、三重県の「ナガシマスパーランド」に納入した。

 7月21日から公開されるアトラクション「ポケモンアドベンチャーキャンプ」内にて、LED照明器具10台と通信モジュール20台が使用される。

「ポケモンアドベンチャーキャンプ」のイメージ 石柱を照らす光に端末をかざしてクイズに回答する 端末に表示されるクイズの例

 可視光通信システムの利用場面は、アトラクション内の15のゲームの1つである「古代遺跡の不思議な光」。10本の石柱の天井に仕込まれたLED照明器具が照らす光に、通信モジュールを内蔵した端末をかざすことで、出題されているクイズに回答する。

 LED照明器具と端末間は、9,600bpsで通信しており、ID情報を示すデジタル信号が送られている。端末側は、IDを検知することで、正しい石柱が選ばれているかどうかを判断する。

石柱は10本並んでおり、専用LED照明器具で照らされている 石柱の天井に設置されている専用LED照明器具 LED照明器具の構造。右側の金属箱は、可視光線通信信号制御ブロック

 今回のシステムは、エコソリューションズ社がLED照明器具を、生産革新本部ロボット事業推進んセンターが専用通信モジュールを開発し、パナソニックシステムソリューションズジャパンが納入した。

 可視光通信技術は、人間の目に見える光でデジタル信号を送る技術。LED照明のほか、ディスプレイや看板などの光源を発信源にできる。また、約1mの精度で位置情報が取得できるため、GPS電波が届かない屋内や地下街での価値用が期待されている。今回のシステムは小規模だが、アプリケーションによっては、街全体をアトラクション会場とすることも可能としている。すでに、スマートフォンを端末として活用する技術も公開されている。






(伊達 浩二)

2012年7月11日 14:29